ドラマ好きが贈るドラマファンのためのサイト。ドラマ、映画に関する情報や出演する俳優・女優さんの裏話もご紹介

menu

ドラマコレクション

5~6話「37.5℃の涙」桃子(蓮佛美沙子さん)衣装まとめ、ロゴTシャツ・ボーダーT・紺フリル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015dorama2-37-3

ドラマ「37.5℃の涙」5~6話。居心地の悪そうな実家に桃子が帰るエピソードが中心。
実家の行き帰りは同じ服装だったので、今回は2話分まとめてファッションチェックします!

Sponsored Link

ロゴTシャツ(ホワイト)

6話。暴風雨で停電!ケンタくんの発作が出てしまい、大ピンチ!
頼りになる朝比奈さんのフォローのおかげで、無事にお仕事を完了出来ました。

この日の桃子は白いTシャツを着ていましたが、ロゴTシャツだったみたいですね。
↓ケンタくんの家からリトルスノーに帰還したシーンより

2-36

UNRELISH(アンレリッシュ)「ロゴTシャツ」シロ 定価4,860円 (税込)

↓※画像クリックで販売ショップ(Stylife)に移動します。

すっきりとした細文字がシンプル可愛い。
これから秋に向けては、同柄ネイビーTシャツも素敵ですね。

4話以降、桃子の着用衣装ブランドにUNRELISHが幾つか登場しています。
桃子の友人・ゆみか(トリンドルさん)が愛用するMISCH MASCHの姉妹ブランドです。

関連ページ:
「37.5℃の涙 4~6話」トリンドル玲奈さん衣装、ワンピ・ボーダーエプロン

袖フリルTシャツ(ネイビー)

もひとつ、同じブランドの衣装が登場。

5話。朝比奈さんの娘・小春ちゃんが夏風邪を引いたので、一緒に病院に来ている桃子。
↓病院の待合室シーンより

2-30

2-31

この時に着ていたトップスは前から見るとシンプルな、袖フリルTシャツ。
でも後ろ姿が、最近流行りの異素材MIXデザインでした。

↓自宅シーンより

2-32

UNRELISH(アンレリッシュ)「バックシャンフリルT」ネイビー 定価5,724円(税込)→2,160 円

2015dorama2-32-1

2015dorama2-32-2

(2画像とも、出典:Stylife by Rakuten BRAND AVENUE)

お尻が隠れる長さが嬉しいトップスです。
それに長めの袖フリルは、二の腕隠しにも最適ですな♪動きやすいのも良点。

ネイビーは売り切れだけど、今のところグレーとシロなら在庫あり。

後半は、ボーダーTシャツと白Tシャツについて。

Sponsored Link

裾しばりボーダーT(ホワイト)

5話のお仕事で着ていたのは、ボーダートップスとガウチョパンツ(黒?)。
↓自宅で友人ゆみかと話してるシーンより

2-28

裾がリボン結びになったトップスは、BACKS(バックス)の「ボーダーTシャツ」3,132円 (税込)

こちらも4話衣装同様に売れ切れなので、似た物探し。
春夏人気のボーダー柄、そして裾をキュッと結ぶデザインはあちこちから出ていますね。

例えば、安カワのこちら。
↓※画像クリックで販売ショップ(ハニーズ)に移動します。

フリル袖になっている所も桃子っぽい、ゆったりカジュアル服。
桃子風にコーデするなら、ブラックのガウチョパンツと合わせて。

(余談ですが、ボーダーと言えば今回の月9ドラマ「恋仲」の本田翼さんもボーダー多用してますね。
恋仲ヒロイン・あかり風にするなら、このトップス×カジュアルなマキシ丈スカートかな。)

関連ページ:
4話「37.5℃の涙」蓮佛美沙子さん衣装、水色ガウチョ・フリル袖Tグレーなど
3話「37.5℃の涙」蓮佛美沙子さん衣装、V首ニット・チェックトップス・ボトム
2話「37.5℃の涙」蓮佛美沙子さん衣装、青リュック・トップスなど

ところで、地獄の様な実家に行くために降りた駅が「極楽寺駅」ってのがシュールですな。
って、この駅は実在してるんですね。

…しかも、なんか見た事あると思ったら、映画「海街diary」で登場した駅でしたか!
桃子(実家)は、海街diaryの登場人物達とご近所さんだったりして?と妄想を楽しんでみたりして。

Sponsored Link

旅行日記

旅に行った時の思い出の写真と体験談を紹介。
あまり綺麗に撮れてないですがよかったら見てください(^_^;)


古都鎌倉のあじさいと食べ歩き
噂のパンケーキを食べたハワイ日記
大混雑!新東名「岡崎サービスエリア」に行ってみた・フードコード徹底紹介
【2016】アナとエルサのフローズンファンタジーパレード観てきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

他にもこんな記事があります♪

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PR