映画「世界から猫が消えたなら」原作の感想ネタバレあり・評価悪いのはなぜ?

もくじ (文字クリックでジャンプ出来ます)

「ぼく」

これまで電話と映画と時計を消して3日生き延びたけど幸せを感じることが出来ず、
逆に忘れかけていた母との思い出の日々とキャベツの優しさに触れる事ができた。

これでもう終わりだ、ネコ好きのボクがキャベツを消す選択網ははじめから無かったし
何かを消さなければいけないというストレスからも開放される。

最後の悪魔の優しさか、やり残したことをする時間をくれたので
身の回りのものを簡単に整理し、葬儀屋に向かう。
自分の葬式の予約をするなんて、凄く滑稽だけど、やっぱりしておくべきなのか。
心配なのはボクの葬式に参列してくれる人が居るのかということだけ。

Sponsored Link

葬儀屋から帰ってくるとテーブルの上に置かれたボクの宝箱が視界に入る。
幼いころに集めた外国の切手がいっぱい入っているのだ。

そこでふと父との思い出が甦る。

父が海外旅行に行った時に旅先から送ってくれたはがきに
猫の切手が貼られてあり、それがとても印象的だった。

この葉書は海外から色んな所を巡ってボクの家にたどり着いた事を想像すると
とても不思議な気持ちでワクワクしてくる。

色んな人の夢や希望を届ける素晴らしい仕事。
だから郵便配達員になったのか・・と。

さあ、ボクも手紙を書こう、
遺書になってしまうけど、母の願いとともにあの人に届けなきゃ。
キャベツの名付け親である父に。

父と息子が反発し合うということは良くある話だけど
ボクと父も会話が少なくなり、母の死で連絡を絶った。

あの時、父の対応は許せなかったけど、今はそんなことはどうでもいい。

「さようならこの世界」

数少ない父との思い出が甦る。
母がキャベツを拾ってきた時にボクは反対したけど父は何も言わずキャベツを抱き上げた。
宝物を入れるヨックモックの箱をそっと置いてくれた父。
ふと鏡の前に立つと父そっくりな自分がそこにいた。

父への手紙はポストに投函して終わりと考えていたけど、
会ったほうが良い、いや、絶対に会わなきゃいけない。

父が営む時計店へ自転車で全速力でかけていく。
ひとこと言いたい、「ありがとう」っていいたい。
そしてボクの大切な家族、キャベツを託したい。

Sponsored Link

感想

そう言えば、ちょっと前に北斗晶さんが綴ったブログの内容がとても反響がありました。

”当たり前”の反対は”ありがとう”

というような事を書かれていましたが、まさに主人公のボクに当てはまることだと感じました。

当たり前に思っていれば家族の大切さに気付かないし、小さな幸せにも気付かない。
でも、「ありがたい」といつも感謝の気持ちを忘れないと心が穏やかになるし
家族がいるだけで幸せを感じることが出来る。

北斗晶さんもガンという苦難を乗り越えようと必死に戦っているけど
そこには家族の支えがあるから頑張れるし、それを当たり前と思ってしまうのは悲しい。

この本を読んで、一度立ち止まって、”当たり前”と感じていることを修正したい。
今日は妻に「ありがとう」と言ってみよう。
「へんなの(笑)」と言われるかもしれないけど、それでいい。
それでいいと思う。