ドラマ好きが贈るドラマファンのためのサイト。ドラマ、映画に関する情報や出演する俳優・女優さんの裏話もご紹介

menu

ドラマコレクション

涙腺崩壊「きみがくれた物語」原作「きみと選ぶ道」感想ネタバレあり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ (文字クリックでジャンプ出来ます)

「きみと選ぶ道」感想

結末にはサプライズがある。
そんな素敵なプロローグで始まったこの物語。

出会いは最悪、二人の未来は無さそうな雰囲気でしたが
あれよあれよと言うまに、恋に落ちてしまった二人。

Sponsored Link

デートのシーンなんか映画のワンシーンを思わせるドキドキ感がたまらないんです(笑)
例えば、バイクの乗り方を教えるシーンで、
ギャビーが前に座り、トラヴィスが後ろに座って、彼女の手の上に彼が手をのせて恋人のように教えるんです。

「緊張する?」

「ええ、ある意味緊張しっぱなしよ♪」

こんな感じで、交際する前の男女の心理描写が上手いのは
さすがニコラス・スパークスだなと感心するばかり。

そんな男女の心理描写だけでなく、
ストーリーの構成も言及しないわけにはいきません。

第1部と第2部で構成されたこの作品は、
「選択」がテーマですが、トラヴィスが命の選択をする第2部にたいして
第1部ではギャビーが二人のどちらかの男を選ぶという選択をする。

微笑ましくもある第1部はキラキラと輝く光に対して、第2部は暗く沈んだ影が描かれていますが、
本の大半を占める第1部の光があるからこそ第2部の影が濃く見える。

第2部を影と言っていますが、
二人の関係が冷めたわけじゃなく、むしろ深い愛を再確認出来る章であり、
最後はしっかりと読者を柔らかい気持ちにさせてくれる、そんな小説です。

Sponsored Link

予告動画で読み取る映画と小説の3つの違い

小説ではギャビーの飼い犬をはらませたのは近所のワンちゃんですが
映画ではトラヴィスの飼い犬がお父さんになってるかも
(間違ってたらゴメンナサイ)

また、ギャビーの交通事故に関して、
映画では彼女の運転で事故が起きてますが、小説はトラヴィスの運転。
小説のほうがより夫のダメージが大きいような気がしますね。

そしてラストは妻の生前遺言。
「延命はしないで欲しい」という彼女の意思を知っているのは小説、
知らなかったのは映画。

結末は同じだけど、映画はやっぱり違うと思うので、是非観たいと思いますが
よく行く映画館ではやらないんですよね。
ちょっと足をのばして行こうかなぁ。

ページ:
1

2

Sponsored Link

おすすめ記事

【誰が買うんだコレwww】楽天で売ってる変なもの&超高額(10億)なもの特集

【高額バイト特集】本当に簡単な仕事・ちょっと変わった仕事など

【答えあり】アナタは解ける?これが分かるとIQ150らしい(笑)

【悔しいwww】70%の人が引っかかってしまう問題集めてみました

【クッソワロタ&ジワるw】ついついリツイートしたくなる1万超えのつぶやき集

【伝説の不倫復讐劇】間男と汚嫁に住宅ローン&慰謝料の地獄を味わってもらう(前編)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PR