ドラマ好きが贈るドラマファンのためのサイト。ドラマ、映画に関する情報や出演する俳優・女優さんの裏話もご紹介

menu

ドラマコレクション

逃げきれる?「ナオミとカナコ」原作ネタバレありの感想&二人の結末は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年1月からフジテレビ系で放送されることになった今作。
直木賞作家の奥田英朗さん著者で原作は非常に人気が高い作品です。

メインキャストは広末涼子さんと内田有紀さん、
話の内容からしてW主演ですね。

「私たちでアイツを排除しようよ。」

親友の二人が暴力を振るう夫の殺人を計画、そして実行する。
その過程をリアルに描いたサスペンスドラマです。

小説を読む前から面白そうなだぁと思っていましたが
すっごい引きこまれて1日で読破!

今回は分かりやすく徹底して紹介したいと思います♪

登場人物&相関図の紹介はこちら

Sponsored Link

「ナオミとカナコ」ちょっと長めのあらすじ

葵百貨店の外商部に勤務して7年目を迎える小田直美。
家賃9万円の賃貸マンションに暮らしていることから給料はそれなりにもらっているよだが
決して満足しているわけではない。

大学で学芸員の資格を取ったのも百貨店の催事で行われる美術展に関わりたかったからだ。
就職してすぐは売り場に配属されたけど経験が必要だからと2年我慢し、
その後は希望していた催事部の業務が縮小し、不本意ながら外商部に配属されたのである。

外商部といえば法人個人問わず何百万と使う上得意さんを相手にする商売であり
基本はベテランが担当するわけだから20代の直美を配属させるのは異例だった。

仕事内容は例えばお客様のお宅に訪問して

「こちらのエルメスのバーキンなどいかがでしょうか?」

「あら、その色いいわね、それをくださる?」

そりゃ、業務とは全く関係のないお客のワガママな要望にも応えるのも無理はない。

そんな彼女が大学時代に知り合ったのが服部加奈子。
加奈子が石川、直美が新潟という同じ北陸出身ということもあり
すぐに仲良くなったが決して性格が似ているわけではない。
しかし物事の考え方や価値観は似ており、一緒にいて安心できるまさに親友といえる仲だ。

加奈子は大学卒業後、大手電機メーカーに就職。
職場仲間に誘われて行った合コンで
銀行員の服部達郎と知り合い結婚後は専業主婦になった。

久しぶりに会いたいと直美が加奈子のマンションを訪問したことで異変に気づいたのだ。

誰が見ても驚くほど加奈子の頬が赤く腫れ上がっている。
どうやら夫の達郎から暴力を振るわれたらしく酷い有様だった。

達郎は有名私立大学卒業で爽やか青年、
交際1年目でプロポーズされ、ゴールイン。

幸せな家庭生活を夢見ていた加奈子だったが
まさか夫から暴力を振るわれる生活が待っていたとは誰が想像するだろうか。

手を上げた時は決まって

「ごめんよ、昨日は悪かった・・もうしないよ」

そんなDV男にありがちなセリフを言われて許してしまう彼女にも問題はあるが
エスカレートする夫の暴力に肉体的にも精神的にも限界が来る前に
行動を起こそうとしたのが親友の直美だ。

当然親友だから心配というのもあるが、
幼少時代に父親が母親に暴力を振るっていたという
背けたくなるつらい過去が彼女にある。

なんとかしなければ・・・・

もちろん初めは離婚を勧めたけど、
そんなことは出来ない、そんな話を切り出したら私は何をされるかわからないという。

それでもこの現状を変えなければいけないし
今も生傷が絶えない加奈子の顔を見るのも辛い。

「ねえ、アンタの夫を排除しようか?」

そんな突拍子も無い提案を出した直美はもちろんホンキだが
加奈子は冗談だと思いつつもこれ以上耐えられないという思いから
二人は夫殺人計画を立てることになった。

華麗なる完全犯罪・・・・
一人の男を殺した彼女たちの運命は・・・。

ちょっと長くなってしまいましたが^^;
あらすじはこんな感じになります。

 

「ナオミとカナコ」の感想&もう少し詳しくご紹介

※ネタバレありますのでご注意ください

本書は438ページありますが、
「ナオミの章」「カナコの章」とそれぞれ二人の視点で描かれており
後半はDVを受けた加奈子の殺害前後の心理描写が上手い具合に表現されています。

ふたりとも女性ということもあり、意を決して人を殺したのは良いが、
急に不安な気持ちになったり、冷や汗、手の震え、緊張、脇汗など
動揺を隠し切れない言動は見ていてハラハラする場面が多数ある。

彼女たちのそうした不安は完璧と思われたいた殺害計画が実は凡ミスが多く、
普通なら配慮すべきことなのに全く気にしていなかったことがあるのです。
詳しいことは後述しますが、最初に直美が計画した内容がこちらになります。

直美の基本計画

先ず達郎を失踪させたように見せかけたい。
銀行員が顧客のお金を着服すれば立派な犯罪になるので
逃亡する理由として十分でしょう。

そこで直美は顧客を達郎に紹介し、
彼の銀行に新しく口座を開いてもらい、直美が顧客の口座から加奈子の口座に送金する。

実は直美の顧客である斎藤夫人は認知症の疑いがあり
更に都合が良いことに直美を全面的に信頼している。

自宅のパソコンも触る事ができるので、
そこで上手く送金処理を行ったのだ。

そう、達郎が送金したように見せかけて・・。

加奈子がお金を引き出せば、夫が着服したことになるだろう。

夫殺害後、加奈子が捜索願を出し、
直美は斎藤夫人の口座からお金が消えたことを達郎の銀行に問い合わせる。

あまり高額でなければ銀行も大事にはしたくないので
警察に被害届を出さずに内々で処理をすることに期待してのこと。

そして達郎が海外へ逃亡したことにすれば完璧ではないか。
実はこの計画の追い風となった人物が登場したのです。

達郎にソックリな中国人・林竜輝

まず直美と林竜輝の接点をご説明しないといけません。

ドラマで女優の高畑潤子さんが演じる中国人の李朱美。
直美にとって最悪の第一印象である彼女は、
300万円の腕時計を展示会の時に持ち帰ってしまい、
一悶着あったのです。

金額も金額ですし窃盗なので普通なら警察に被害届をすぐに出しますが
実はこの女社長”上得意さんのお連れ”なので百貨店としては穏便に済ませたいのだ。

「あの時計、値札がついてなかったからタダだと思ったね。」

そんな風に悪びれる様子もないこの李社長の態度に腸が煮えくり返る直美ですが
まさか二人が今後、頻繁に会う関係になるとは誰が想像しただろうか。

そんな李社長のもとで働いている林の姿にびっくりしたのが直美で
加奈子の夫に驚くほど似ていることから「これは使えるかもしれない」と悪知恵が働いたのです。

加奈子の夫にソックリな林にATMでお金を降ろさせることで
あたかも夫がおろしているかのようにみせかけ、
夫殺害後は林に夫のパスポートを持たせて中国に帰ってもらうという流れです。
もちろん、彼もタダで動くわけはないので、200万円という報酬を払うことで引き受けたのです。

Sponsored Link

夫・達郎を排除する方法

夫が酔っ払って寝ている間に首を絞めて殺害し、
女二人でどうやって運び出せばよいのか?

ココらへんのドタバタ劇が妙に面白かったですが、
ガタイの良い男性がすっぽり入るケースなんてそうはない。

当然はじめはスーツケースを探すのですが
日本で販売されているもっとも大きいサイズでも小柄な女性が入るか入らないかの大きさで
成人男性を入れることは出来ない。

そんな中、ふと立ち寄ったスポーツ用品店で
店員から勧められた遠征バッグとやらが丁度良い事に気づき、
達郎をこのバッグに入れて運び出せばバレないだろう。

人気のない早朝に女二人がバッグを車にのせ、
山のなかに埋める。

中国人の林が上手く出国してくれれば完全犯罪だと疑わなかった彼女たち。
しかし蓋を開けてみると素人丸出しのイタイ犯行計画が徐々に彼女たちを追い詰める結果になっていく・・・。

長くなってしまったので2ページに分割しました

二人がおかした痛恨のミスとは?

ページ:

1

2
Sponsored Link

旅行日記

旅に行った時の思い出の写真と体験談を紹介。
あまり綺麗に撮れてないですがよかったら見てください(^_^;)


古都鎌倉のあじさいと食べ歩き
噂のパンケーキを食べたハワイ日記
【2016】アナとエルサのフローズンファンタジーパレード観てきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (22)

    • 匿名
    • 2016年 1月 14日

    突然失礼します。
    “加奈子は石川、直子が新潟という同じ東北出身という・・・”←石川も新潟も東北ではございませんが…。

      • ドラマっ子
      • 2016年 1月 14日

      コメントありがとうございます。
      ご指摘の通りです!訂正致しました。
      凡ミスでお恥ずかしい~!
      ご指摘ありがとうございました。

    • ドラマっ子
    • 2016年 1月 16日

    コメント欄より失礼します。
    ドラマ管理者です。皆さん1話見ましたか~?
    夫役の佐藤隆太が怖かったですが、広末涼子さんのシリアス顔も怖かった(^_^;)
    そしてツイッターでもつぶやかれてる方が多かったんですが、
    高畑敦子さんの中国訛りがウマすぎません?笑
    物語的に広末さんとまだまだ絡んでくるので、それも楽しみです。

    • みっちゃん
    • 2016年 2月 04日

    面白い!佐藤隆太怖い!自分が殺されると予期してたとわ!

      • ドラマっ子
      • 2016年 2月 05日

      コメントありがとうございます~。
      佐藤さんの役怖いですよね^^;
      それと吉田羊さん、小説と違ってナオミとグイグイ絡んでくる~。

    • まゆみ
    • 2016年 2月 11日

    カナコが水を美味しく飲めないのは、血の味からだったのですか?
    私は過剰なストレスからなる味覚障害だと思いました。
    原作では口内の傷のせいだと説明しているのでしょうか?

      • ドラマっ子
      • 2016年 2月 12日

      コメントありがとうございます。
      原作では具体的な言及はありませんのでまゆみさんがおっしゃるストレスによる味覚障害の可能性が高いですね。
      私はそういった症状を知らなかったので勉強になりました、ありがとうございます。

      • ドラマっ子
      • 2016年 2月 19日

      修正します♪
      原作では「口の中が切れてヒリヒリしたけど慣れたら苦くなった、精神的なものだね」。
      という言及がありました。まゆみさんの仰る通りストレスからくる味覚障害が一番濃厚ですね。
      ありがとうございました。

    • キキ
    • 2016年 2月 13日

    ちなみに、なおみがかなこの自宅へ向かうときに走ってるマンション前の橋は隅田川に架かる、荒川区南千住の『千住汐入大橋』です。

      • ドラマっ子
      • 2016年 2月 13日

      コメントと情報ありがとうございます。
      参考にさせていただきます!

    • 一読者
    • 2016年 2月 14日

    高畑さんは「潤子」ではなく「淳子」(「あつこ」と読みます)ですよ~。

    じゅんこ で変換されたんでしょうね。

      • ドラマっ子
      • 2016年 2月 14日

      コメントありがとうございます。
      「あつこ」さんですね。

    • みかん
    • 2016年 2月 19日

    達郎は兄でなく、弟…陽子は姉です。
    ナオミとカナコが陽子から問い詰められる度にドキドキハラハラしています。
    次の展開が楽しみです。

      • ドラマっ子
      • 2016年 2月 19日

      コメントありがとうございます~
      原作小説は妹の設定ですよ、なぜドラマは姉にしたのかわかりませんが
      多分、吉田羊さんを使いたかったのかなと思ってます(笑)
      どちらにしてもこれからすごいバトルが見れそうですね!
      私も楽しみです♪

    • さくら
    • 2016年 2月 20日

    ドラマは毎週みてます。原作とほとんど変わらないみたいなので、是非今度は、原作を読んでみたいです☺

      • ドラマっ子
      • 2016年 2月 20日

      コメントありがとうございます~♪
      原作も面白いですよ~、ラストは二人が必死に逃げますが陽子が執拗に追いかけてくるあたり、本当にドキドキしました。
      小説を読んであんなにドキドキしたのは久しぶりです(笑)

    • トニー
    • 2016年 2月 26日

    中国上海からのコメントです 
    日本で毎週木曜日放送してますので、こちらで金曜日ぐらいネットで見れます
    高畑敦子さんの目も怖かったです、直美さんがやった悪いことが全てわかる気がする
    ちなみに、中国語の発音は完美です

      • ドラマっ子
      • 2016年 2月 26日

      コメントありがとうございます。
      今回、製作者側は予想外の反響に?驚いていることと思います。
      公式ページでは高畑さんのコンテンツが出来るなど、かなり賑わっていますね。
      やっぱり中国語は完璧でしたか、改めてベテラン女優の凄さを感じました。

    • マリアン
    • 2016年 2月 28日

    恐いですね~、でも、おもしろいですね~

    以前に聞いたことがあるのですが、日本のドラマでは絶対に犯人は逃げ切れないそうです。
    そりゃそうですよね、犯罪者が逃げ切ったら日本のドラマ警察の面目は丸潰れですから。

    でも、観ている側からみたら逃げ切って欲しいですよね。
    ましてあんなひとい旦那だもん!

    そんなときは、「海外逃亡」とか、暗に「自殺」をほのめかすとか、うやむやにすることもあるらしい。。。

    今回はどうなるんでしょうね。。。!

    わたしてきには、林さんは殺さないでほしいわぁ。。。あんなに純粋な人まで手にかけたら、前の殺人の正当性(?)が揺らいでしまうから。、

      • ドラマっ子
      • 2016年 2月 28日

      コメントありがとうございます~。
      ドラマでも逃げ切って欲しいですよね。
      それと林さん!、ナオミ達からすると「なんで戻ってくるのよ!」って感じですよね。
      殺されることはないと思いますが、ドラマの展開気になりますね。

    • ぴーこたきゅー
    • 2016年 3月 18日

    逃げ切って!生きろ!幸せになって  
     美味しい水が飲めますように。

    • もも
    • 2016年 3月 28日

    このドラマ面白かったですね。特に高畑さん。
    他のドラマでも思ったけどやっぱり日本映画の外人役は日本人に限るわ。
    のだめとかの超わざとらしいのでもホンモノがやるより説得力ある。
    外人が入るとテンションい違和感があってかつ望んでる雰囲気が足り無いんですよね
    在日とかネィテブな人は問題無いんですけど、例えば韓国人役を韓国人俳優がやることあるけど
    画面的には浮いてて変。
    高畑さんはすっとんきょうな役をきれいにドラマに馴染ませているのがいい。

【2017年7月期ドラマの原作】

ハロー張りネズミ
黒革の手帖
セシルのもくろみ

PR