ドラマ好きが贈るドラマファンのためのサイト。ドラマ、映画に関する情報や出演する俳優・女優さんの裏話もご紹介

menu

ドラマコレクション

映画「海街Diary」感想。静かなのにドラマティック、姉妹愛がジワリじわりと心に響きます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
eigakansou38

今回のキャストでは、特に綾瀬はるかさんと広瀬すずちゃんが好きな私。
映画「そして父になる」で好きだなと思った是枝裕和監督の最新映画「海街diary」
(うみまちダイアリー)の公開初日に行ってきました!

原作を読まずに、予備知識少なめで観た映画レビューです。

Sponsored Link

もっともっと、長く観ていたくなる映画でした

好きな要素がたくさんあったからかもしれませんが、あっと言う間に終劇。

淡々と綴られる日常の切り取りと、個々の人生ドラマが重なり合って魅力的な世界。
笑顔に秘めた、押し殺す感情をポロッと打ち明ける展開に涙腺が勝手に緩んじゃいます。

原作も「いいよ♪」と知人に聞きましたが、うん、好きな映画でした。
静かなのにドラマティック、やっぱり是枝監督のこの「間」や空気感が好きだと再確認。

umimatidaiari5

責任放棄な親達とは対照的に、常に互いに思いやり声を掛け合う姉妹。

そんな状況だからか、普段は遠く離れて暮らして気持ちが通じて無さそうな母が、
長女に「雨で滑るから気を付けて」みたいな言葉を掛ける小さなシーンが印象的でした。

ぼそっと言う台詞や仕草、小さなシーンも見逃せない映画を作る監督さんです。

父と姉妹

そして姉妹になる、という物語ですな。

物語が進むと、長女がすずの一番の理解者である理由が見えてきました。
家族としての複雑な心境を描くだけでなく、それぞれの仕事環境や恋愛の葛藤も絡めて「姉妹」の絆を深めていく所がイイ!

head011_09

「誰のせいでもない」と自分に言い聞かせるように繰り返す長女・さち

我儘で自由そうに見えて、バランスを取る二女・よっちゃん

不思議キャラだけど場を和ませる、言動が末っ子で可愛さのある三女・ちか

生まれてきた事に引け目を感じている末っ子・すず

head011_09

唯一の共通点「父」のお葬式を境に、母が違う年の離れた妹に初対面する三姉妹。

繋がりは「父」だけなんだけど、父の人物像を詳しく語る人が登場しません。
そこんところが絶妙な設定かなと感心。

鎌倉の実家で暮らす社会人の三姉妹はかなり昔に家を出ていった父の人生後半を知らず、
かたや父が鎌倉で暮らした人生を知らない中学生・すず。

共同生活の中で彼女達が、どんな「父」だったのかヒントを見付け合って、
自分達のアイデンティティ形成のための良い変化を生む様子にも涙ジワリ。

後半は、季節・食べ物・キャストについて。

Sponsored Link

6月の映画

観る前は、海=夏という単純な私的イメージから「何で真夏公開じゃないのかな」と思っていたのですが、
映画を観ると6月の梅雨とアジサイ・父の日前後に合うストーリーなんだなと納得。

鎌倉がアジサイの名所としても有名なのもありますが、ちょっとくすんだ青空や
青と紫のしっとり落ち着いたアジサイの色彩が合う映画だと思うんですよね。

ajisai

桜が終わり、青梅を収穫する5月、アジサイが咲く6月と静かに流れる時が描かれます。

別れと出会いの春、成長する初夏、開放感のある夏を越えて、秋には熟した実がなる。
凍える冬には温め合い、あったかくなる春の訪れを喜ぶ…。彼女達のそんな一年を想像しちゃいました。

P1010026

姉妹以外の家族はバラバラだから、余計に実家が「家族」の象徴と思えるのかな。
確かに、姉妹たちがそれぞれに一人暮らししだすと、現実には疎遠になりがちですよね。

私も、思い出の詰まった実家を大切に残したい気持ちが分かる歳になりました。
若い時は新しくて綺麗なものに憧れていましたが、歳月を経て変わるものです。

海街な食べ物

「すずちゃんの海街レシピ」という関連本を見ましたが、原作と同様に映画にも「海街diary」フードが登場。
そこんところは事前チェックしていたので登場毎に「あ!出た」と、楽しみました。

魚関連は、いつか鎌倉旅をする時に現地で食べてみたいメニューです。

しらすトースト

しらすトースト、生しらす丼、梅酒、シーフードカレー、ちくわカレー、あじフライ、豆アジの南蛮漬け

どれも人の気持ちが入ったメニュー、思い出と味覚って結びつきが強いですものね。
食べ物を通して、人物像がはっきりしない「父」を探る「すず」も見どころです。

キャスト感想

この監督さんが選ぶレギュラーメンバーっぽい樹木希林さん、風吹ジュンさん、
リリー・フランキーさん達は期待通りに味のある役柄でした。ハズレ皆無。

※終盤、海辺で樹木希林さんの口調を真似した三女(だったかな?)に心の中で大ウケ!

鎌倉の、どこか懐かしさのある景色に映る美人四姉妹は、目の保養~。

主人公のすずを演じる広瀬すずちゃんは、
TVドラマ「学校のカイダン」の主人公役で初めて存在を知りましたが、それ以来好き。
元気で一生懸命だけどクールで切なくて、今回も可愛い!

それから風太が何気に良い役だったなと思い、鑑賞後にキャスト一覧を見直したら、
チビッ子芸人で有名な「まえだまえだ」の弟くん!ほ~、小柄だけど大きくなったね。

…すずの恋愛編も見たいな。
原作漫画も連載中みたいだし、今回の映画も導入部ストーリーだと思うので、続編希望!

Sponsored Link

旅行日記

旅に行った時の思い出の写真と体験談を紹介。
あまり綺麗に撮れてないですがよかったら見てください(^_^;)


古都鎌倉のあじさいと食べ歩き
噂のパンケーキを食べたハワイ日記
大混雑!新東名「岡崎サービスエリア」に行ってみた・フードコード徹底紹介
【2016】アナとエルサのフローズンファンタジーパレード観てきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

【2017年7月期ドラマの原作】

ハロー張りネズミ
黒革の手帖
セシルのもくろみ

PR