ドラマ好きが贈るドラマファンのためのサイト。ドラマ、映画に関する情報や出演する俳優・女優さんの裏話もご紹介

menu

ドラマコレクション

「セシルのもくろみ」ロケ地&目撃情報まとめ・やっぱり春日部が多いか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月13日(木曜日)夜の22時から放送される今作。

主演の真木よう子や吉瀬美智子などメインキャストの目撃情報が多数SNSであがっているようです。

とくに真木よう子演じる宮地奈央は北春日部で暮らす平凡な主婦という設定なので、実際に北春日部で撮影が行われています。

今回は、ツイッターの情報を元にロケ地をまとめてみましたのでご紹介です♪

放送されましたらまた追記しますね。

Sponsored Link

埼玉スタジアム2002公園

(ウィキペディア)

奈央が伊藤歩演じる沖田江里に弁当を届けに来た場所。

場所は埼玉県さいたま市緑区美園2−1

 

fish bank tokyo

(出典:ウィキペディア)

高層ビルの41階でフレンチを楽しむことが出来るお店。

ドラマでは編集長役のリリー・フランキーと真木よう子が訪れていました。東京タワーを中心に夜景を一望出来る素敵な空間。デートや記念日に大切な人と来たいですね。

場所は東京都港区東新橋1丁目5−2 汐留シティセンター

 

北春日部駅東口(埼玉県)

(出典:ウィキペディア)

第1話に登場。伊藤歩が真木よう子演じる奈央に会いに行くために利用した駅。

場所は埼玉県春日部市梅田本町一丁目13-1

 

「フォルクス 上野毛店」世田谷区

(出典:https://www.cookdoor.jp)

東急大井町線の上野毛駅から東へ徒歩約10分のところにあるこのお店。いわゆるステーキハウスのチェーン店で関東・関西・福岡に店舗があるので私が住んでいる愛知にはありませんw

同じステーキ店でもお子様メニューが充実しているので家族連れに人気があるようですね。

そんなフォルクスに真木よう子と金子ノブアキが撮影で来ていたようです。

場所は:

 

拓殖大学紅陵高等学校(千葉県)

(出典:ウィキペディア)

東京湾が目の前というロケーションが最高の高校。「拓殖」という名前ですが、同名大学と同じ法人ではなく系属校とのこと。もちろん拓殖大学に進学される学生もいらっしゃいます。

そんな施設が充実した高校に昼顔で不倫妻を演じた吉瀬美智子が6月4日に来ていたとか。

奈央と吉瀬美智子演じる由華子の息子が通っている学校。

私も実物が観てみたい・・w

場所は千葉県木更津市桜井1403

 

古利根川沿い(埼玉県)

(出典:http://www.town.matsubushi.lg.jp)

桜が満開になる4月には「古利根川桜まつり」が開催され、堤防沿いの150本の桜が咲き乱れる。

そんな春日部市を流れる古利根川沿いに真木よう子が6月に撮影に来ていたとか。

 

横川ストア(埼玉県)

埼玉県北葛飾郡松伏町にある「まつぶし緑の丘公園」の近くに「横川ストア」という小さなコンビニがあります。

そこに真木よう子が6月に2回、7月に1回撮影に来ていたとか。

奈央が住んでいるアパートの近くのコンビニという設定かな?

シンプルな白い建物ですが、大手コンビニチェーンに一度は加盟していたのかな?。オーナーと本社のトラブルってありますからね、うちの近所も、そんな店ありました。

場所は埼玉県北葛飾郡松伏町大川戸2360-1

 

春日部大沼グランド(埼玉県)

東武スカイツリーライン、東武野田線の春日部駅から南へ2キロ行ったところにある大沼公園。体育館、野球場、テニスコートなど施設が充実していて駐車場も180台収容可能。

そんな大きな公園のグラウンドに真木よう子と金子ノブアキがロケで来ていたとか。

第1話で真木よう子が身体測定した場所かな?

場所は埼玉県春日部市大沼7-12

Sponsored Link

武里駅西口の空き店舗(埼玉県)

ドラマでは奈央のパート先「春日部キッチンもりもり」というお店で登場!

真木よう子のエプロン姿が妙に似合っていました(笑)

場所は東京スカツリーライン武里駅西口です。

 

関連記事

原作小説のあらすじと感想はこちら

ドラマの衣装まとめ

Sponsored Link

旅行日記

旅に行った時の思い出の写真と体験談を紹介。
あまり綺麗に撮れてないですがよかったら見てください(^_^;)


古都鎌倉のあじさいと食べ歩き
噂のパンケーキを食べたハワイ日記
【2016】アナとエルサのフローズンファンタジーパレード観てきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PR