子役が可愛い「警部補 矢部謙三1~2」ドラマあらすじキャスト

仕事がテキトーで態度が悪いけど、魅力的な矢部刑事。そんな彼の周りでワイワイと賑やかなサブキャラクター達が、ずっこけたりサポートしたり大忙し!

『警部補 矢部謙三』のシーズン1~2、各話のあらすじと主なキャストを紹介します。

Sponsored Link

個性的な変キャラが面白い!『警部補 矢部謙三』シリーズ

キャスト、ここが見どころ!

ふふっとなる、ベテラン俳優のコメディ

組織のトップ・警視総監役の団時朗さん(シーズン1)と大和田伸也さん(シーズン2)。だまって座っていれば渋いジェントルマンだけど、このドラマのキャラなのでやっぱコメディ濃厚!特にシーズン2の新たな警視総監は、矢部に関わったことでコメディ感がウナギ登り!

プチヒロイン♪天才小学生が可愛い【シーズン2】

キラキラとした笑顔が可愛い~♪シーズン2では、大人顔負けの推理能力を発揮する小さな女の子・未来(みらい)ちゃんが大活躍!頭が良いだけでなく、警視総監の娘と家柄も良い、怖いものなしの小学生。大人の思念渦巻く事件の合間に、おチビさんの笑顔で癒されます。

仮面ライダー俳優が勢揃い!【シーズン2】

シーズン1ではウルトラマンなベテラン俳優・団時朗さんが警視総監役で登場していますが、シーズン2ではイケメンな若手刑事や探偵役として『仮面ライダー』俳優陣がキャスティングされています。

作品データ

  1. 『警部補 矢部謙三』1作目(2010年4~5月放送)全6話
  2. 『警部補 矢部謙三2』(2013年7~8月放送)全8話

矢部シリーズ【メイン登場人物&キャスト】

面白オカシイ登場人物達がそれぞれに暴走!


矢部 謙三(やべけんぞう)生瀬勝久  【主人公】頭部に秘密を抱えている警視庁公安部の刑事。めんどくさがって仕事をサボっちゃうけど、たなぼたラッキーで手柄をあげる、『トリック』そのままのダメキャラに磨きがかかってスピンオフドラマの主役に。
本編後は、私物化している『第九取調室』でくつろいだりコントしてる。(略して取九・・・トリック。)

秋葉 原人(あきば はらんど)池田鉄洋  【部下】電脳オタクな警視庁公安部の刑事、矢部の3代目部下。よいしょもするが、ツッコミもする。矢部が他の刑事と組むと嫉妬する。


片桐 優奈(かたぎり ゆうな原幹恵  【同僚】スタイル抜群な公安課の女刑事。主に潜入捜査を担当。

軒和 洋子(のきわ ようこ)佐藤真弓  【同僚】矢部の領収書に厳しい公安課庶務係長。


菊池 愛介(きくち あいすけ)姜暢雄  【上司】すっかりえらくなった矢部の元部下。現場には行かない参事官。

石原 達也(いしはら たつや)前原一輝  【元部下】矢部の1代目部下。ほんのちょっぴり登場。警視庁前の交差点でウロウロ。


キャラ名について感想

聞いてて気付かなかったけど「のきわようこ」って・・・本家『トリック』の主人公の母を演じる野際陽子さんのオマージュでしょうかね♪

続いては、シーズン1のメイン登場人物。

Sponsored Link

シーズン1「警部補 矢部謙三」あらすじ感想キャスト

海辺の倉庫、怪しい取引、囚われた美女、カッコイイ獲り物劇から始まるこの物語・・・、刑事ドラマ風の矢部がコミカルに暴れまくります。

1話では矢部さんの活躍が少ないけど、回が進むうちに追い詰められた矢部さんが活躍!

シーズン1は、どんなストーリーなの?

  • 矢部が難解な事件に挑む
  • でも推理するのは公安課庶務係(部下)
  • ヤル気はないがアクションはカッコイイ風
  • 髪ネタはこれでもかというほどに(上司も)
ミニ感想

シーズン1の最初の方は『トリック』の印象も引きずって、矢部さんの態度が悪くて部下が酷く可哀想に思えちゃうので、矢部刑事がピンチになると思わずザマーミロ的な爽快感を感じちゃいました。

シーズン1【メイン登場人物&キャスト】


桂 美晴(かつら みはる)貫地谷しほり  【推理担当】現場に行きたがる公安課庶務係。父は、伝説の刑事と言われた桂太郎。

桜木 健一郎(さくらぎ けんいちろう)鈴木浩介  【推理担当】黒縁眼鏡の公安課庶務係、ヤル気は薄いがなかなか鋭い。桂美晴の良き相棒。

【補足】

桂は、名前がウィキペディアってる『デカペディア』(父が残した捜査のメモを桂美晴が項目ごとにまとめたノート)を使ってピンチを切り抜けるのだ!


郷 秀帰(ごう ひでき団時朗  【上司】現場には行かない警視総監。何だかんだ言って上手く部下に責任を押し付ける。

大村 忠相(おおむら)魁三太郎  【上司】不自然な髪型をしてる公安課長。矢部の直属上司。

続いては、各話のゲスト登場人物。

『シーズン1』各話のあらすじと【ゲスト登場人物&キャスト】

episode1「史上最凶のテロリスト 救え! 1200万の命」

今回のヤマはデカイ。24時間以内にテロ集団のリーダー・レッドウルフを見付け出し、爆弾テロ犯を阻止せよ!都民1千万の命を守れるか!?という、めんどくさそうな事件を矢部が担当することに。

しかし矢部は、爆弾で焦げちゃった髪の毛の心配が忙しい。捜査を部下に丸投げしてみたけれど、温泉『蘇毛の湯』に惹かれて現地入り。レッドウルフの元恋人だと噂される女性が営む旅館に向かうが・・・。レッドウルフを追う矢部に絶体絶命のピンチが!


狼の旅団  謎の組織、爆弾テロリスト集団。

レッドウルフ  『狼の旅団』リーダー。

大原 瑠璃子/加藤貴子  レッドウルフの元恋人という噂。

森本 茂夫/片平光  逃亡中。

加藤 順一郎/児島功一  刺された宿泊客。

赤いジャージの中西選手  (プロレスラー中西学)宿泊客。

メモ

奈緒子が住んでるアパートの大家さんとジャーミーが出た!それから、桂が泊まった「スイートポテトの間」、これも本家『トリック』で聞いたことある名前だな。スリット美香子の事件で奈緒子達が泊まった部屋の名前だね。

episode2「決死の潜入捜査 阻め! 悪魔の細菌兵器」

矢場刑事は、伝説の殺し屋・アベケンこと阿部研二になりすまして、暴力団『ムロ風一家』に潜入。旧ソ連軍が開発した細菌兵器『皇帝の鼻血』の密輸取引を阻止するために捜査開始。

偽物の髪ネタでピンチを切り抜け、ラッキーで組長に気に入られるが・・・。


皇帝の鼻血  旧ソ連軍が開発した危険なウィルス。

ムロ風一家  勢力拡大を狙う暴力団。

蜷川 錠太郎(森次晃嗣)  『ムロ風一家』組長。

鶴岡(江原シュウ)  若頭。

川島(児玉貴志)  若頭補佐、組長に命を狙われる。

阿部 研二(ぶっちゃあ)  殺し屋。

メモ

ムロ風一家って変わった名前だねと思ったら、縦に書くと台風一家!

episode3「姿なき犯罪者 防げ! 神経ガスの恐怖」

蛾眉村ナイスケミカル研究所の輸送車が何者かに襲われ、微量でも半径2km圏内の人間を無力化できる威力を持つという神経ガスが奪われる

強奪犯からの挑戦状が届き、最も優秀な刑事として持ちあげられた矢部が数々の難問に立ち向かう!


南田 レイナ/芦名星  クーリット王国ジャームー特使の通訳。

助手/沖田祐樹  レイナの助手。

美術館の清掃員/政岡泰志

国宝展の警備員/佐伯新

北沢 敦彦/ノゾエ征爾  カメラに残されていた指紋の男。

アキバ系アイドル/浦野一美

メモ

これは、見応えあり♪謎解きや結末も面白かった。そして、トリックネタもガッツリ登場♪蛾眉村、つぼ八、池袋スリットスリットビル、神の象の像などなど、これでもかってぐらい。なんという楽しそうな展示会なんだ!行ってみたい。

クーリット王国の王子がシーズン2で登場するよ。

episode4「リークされた捜査情報 追跡せよ! 警察内部の密告者」

情報漏洩によって建設会社の強制捜査が失敗。誰が内部情報を漏らしたのか?

調子に乗ってキャバ嬢に強制捜査の情報を流してしまった課長と同席していた矢部は、自分達がやっちまったかと大慌て!しかし、情報を漏らしたと思われる怪しい動きをする刑事を発見して・・・。


七隈 五郎/高橋和也  仕事熱心で優秀な捜査二課刑事。

都留 幸一/春海四方  捜査二課刑事。内部情報を漏らしたのではないかと疑われる。

門倉/植松洋  六葉建設の社員。

メモ

変なキャラ達だからこそ事件解決の糸口が見つかって解決!ってところがこのドラマらしい展開。高橋和也さん、いいね~その役どころ。

Sponsored Link

episode5「警視総監暗殺計画 矢部謙三 北へ (前編)」

矢場が警視総監の代理!?大抜擢に喜ぶが、実は警視総監の暗殺が企てられていたのだった。そう、矢部は身代わり。

細かいことを聞かされてない矢部は警視総監代理を引き受け、宝女子村で行われる『小野寺を偲ぶ会』に出席。応援も呼べない外界と切り離された宝女子村で、死刑執行人と名乗る謎の人物が出席者全員の命を狙う!命とメンツを守れるのか!(後編に続く)


小野寺を偲ぶ会  警視総監の大学時代の恩師の三回忌。

平田 淳次/伊阪達也  『小野寺を偲ぶ会』世話役。

斉藤 花枝/渡辺典子  矢部の中学時代の同級生。代理出席。

下村 聡子/峯村リエ  弁護士。小野寺の助手を務めたことがある。

武藤 彩香/小沢真珠  介護事業代表、元看護師。

松田 公夫/神尾佑  金融会社社長。

戸川 恵司/青島健介  投資ファンド代表取締役社長。

津村 俊介/山崎一  宗教団体『瞼乃母』の代表者。

瞼乃母  トリック本編で登場した『母之泉』と関係がある団体。

メモ

宝女子村、というとミラクル三井が村人や赤い橋を消してたエピソードの舞台だね。あの村、存続してたんだね~。そして・・・キター!!!ついに奈緒子が出た!!!矢部刑事の部下1代目も復活♪チョイ役だけど嬉し。

episode5.1「警視総監暗殺計画 矢部謙三 北へ (後編)」

さて、前回からの続き。矢部刑事の部下・庶務係の推理できる2人は、事件が起こっている屋敷に到着できたが、いきなり犯人らしき者に襲われる。

なぜか生かされて監禁されたので、なんとか脱出して矢部と合流。被害者が残したダイイングメッセージを解読して事件解決の手掛かりを作ったが・・・事件解決かと思いきや、更なる真相が矢部に襲いかかる。

メモ

でも、矢部さんの純粋な(?)勘違いで、なんだかほっこりとした結末に~♪最終エピソードは、モヤモヤ感の残る『トリック』風味。ラストには奈緒子の母・里見も登場!

シーズン2

シーズン2「警部補 矢部謙三2」あらすじ感想キャスト
は次のページへどうぞ!