ドラマ好きが贈るドラマファンのためのサイト。ドラマ、映画に関する情報や出演する俳優・女優さんの裏話もご紹介

menu

ドラマコレクション

2015ドラマ「恋愛時代」原作小説を楽しむ。『各章のタイトル(曲名)』で察し?展開とラスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
dorama150

結末は分からない方が楽しめますが、好きなタイプの展開かは気になります

小説を読むと、物語の区切りごとに現れる『各章のタイトル』。
これから読むページに何が書いてあるのか、雰囲気が掴めるので重宝しますよね。

ドラマ化される時には関係ないかもしれませんが・・・

Sponsored Link

※主人公・はるの名前はひらがなですが、
区切りが分かり難いので以降はハルで表記します。

アラフォーの私が「ん?」となったのは、第一章~第七章のタイトルが
1970~80年代当時にヒットした曲のタイトルと同じだよね?(たぶん)という点。

ものまね番組や懐メロ番組で聞いた事のある、有名な曲名が並びます。

曲名だけ小説の流れと合致してるのかもしれませんが、
歌詞も各章の内容に合うのか調べてみたくなりました。

第一章『別れても好きな人』

カバー曲が1980年頃にヒットしたデュエットソング。

この曲は私も良く知っている(懐かしい)歌です。
女同士で、友達とネタでよく歌っていました。(笑)

別れた時と同じ雨の夜に再会した、男女の寂しく甘い歌です。

歌詞と小説が重なると感じた部分は、
「やっぱり、忘れられられない」「別れても好きな人」

主人公(はる&理一郎)二人そのまんま。
この小説の冒頭にぴったりな内容だと思います。

第二章『もしかしてPART2』

「もしかして。私の他にも誰か、いい人がいるのなら帰っていいのよ構わずに」
で始まる、1980年代のデュエットソング。

けっこうイチャイチャしたイメージのある曲ですが、危うい雰囲気も感じます。

歌詞と小説が重なると感じた部分は、
「好きだからこそ、なおさら」「私、意地悪をしてしまう」

ツンデレというかSというか、
子供っぽい愛し方をするハルを思い浮かべちゃう歌詞です。

この章の展開は、以下の様な感じ。
別れても好きだけど、憎まれ口を叩き合う主人公達。

売り言葉に、買い言葉!
度を越したじゃれあいが暴走、お互いの見合い相手を探すことに発展!

ハル×永富(理一郎の知り合い)と、理一郎×かすみ(ハルの同級生)、
二つのカップリングが強引に行われて、お互いに「いい人」とお付き合いスタート。

それぞれの相手と幸せになれるのか?そわそわ

第三章『そっとおやすみ』

この章は、主人公二人の周りの物事の流れが速くなる印象。
お互いに紹介した相手(永富、かすみ)が、積極的に好き好きアピールします!

1970年頃の歌(カバー曲?)。
私には聞いた記憶の無い曲ですが、歌詞を読むと切なく寂しい内容。

歌詞と小説が重なると感じた部分は、
「一人ぼっちの部屋で」「今は居ないあなたに」

「そっとそっと、おやすみなさい」

一人ぼっちさが溢れるのはハルの方ですが、
「そっと、おやすみなさい」部分はかすみにハマりかけた理一郎っぽいかな。

一見賑やかだけど、しんみりするシーンに味がある章です。

後半は、4~7章について。
ラストについては、少しネタバレあり。

Sponsored Link

第四章『また逢う日まで』

1970年頃の歌。

歌詞と小説が重なるかもと感じた部分は、
「また逢う日まで、逢える日まで」

「二人でドアを閉めて、二人で名前消して、その時、心は何かを話すだろう」

恋の参入者が増え、失恋して去っていく人も現れます。
単純な恋の出会いと別れ以外に、元夫婦の二人の事も歌ってる気がしちゃいます。

元夫婦としての付き合い方に疲れてくる二人。
しかし、休む間もなくゴタゴタが続きます。

ハルにとっては強敵?が出現する章。
混線する恋愛模様に、誰を応援したらいいのか分からなくなってきます。

第五章『わたし祈ってます』

1974年頃の歌。

歌詞と小説が重なると感じた部分は、

「私の事など心配しないで、幸せになってね」
「あなたは私より、もっといい人見つけて」

「幸せになってね、わたし祈ってます」

ハルと理一郎、それぞれの恋愛に進展が!

甘い大人のキスやプロポーズ…
新しい一歩、結婚式…

心はザワザワ

理一郎はハルとの結婚の時より成長したのか、お付き合いも順調。
でしたが…

物事が大きく動く章です。
それでいいのかい!?と心配になっちゃいました。

第六章『終着駅』

よくあるタイトルなので悩みましたが、1972年頃の歌ならこれかな。

歌詞と小説が重なると感じた部分は、
「今日もひとり、明日もひとり、過去から逃げてくる」

「一度離したら、二度とつかめない。愛と言う名の、あたたかい心の鍵は」

心穏やかじゃ無いハル。さすがに体調がすぐれません。
誰か救ってあげて、と言いたくなっちゃいます。

そして、ここにきて更にバタバタ!
クリスマスイブのしず夏の(姉想いの)策略と、その心境が可愛い

父もグッジョブ
ハルと理一郎の、霧深い恋愛時代の終章って感じかな?

第七章『娘よ』

1984年頃の歌。

歌詞と小説が重なると感じた部分は、
「笑い話ですませるけれど、口じゃ云えない苦労もあった」

「いつも笑顔を忘れずに、ついて行くんだ信じた人に」

前章のハルの父の流れで「娘よ」かと思いきや、うっすらと描かれた未来のおはなし。
この章はエピローグ、という雰囲気です。

苦難を乗り越えたハルが、自分の娘に言い聞かせている歌詞に見えますね。

ドラマでも、この二人がくっつくのかしら?

ラスト前章までドタバタ恋愛模様を楽しめましたが、
叶わない失恋もたくさん描かれているので、ちょっぴり苦さが残りました。

Sponsored Link

旅行日記

旅に行った時の思い出の写真と体験談を紹介。
あまり綺麗に撮れてないですがよかったら見てください(^_^;)


古都鎌倉のあじさいと食べ歩き
噂のパンケーキを食べたハワイ日記
【2016】アナとエルサのフローズンファンタジーパレード観てきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PR