ドラマ好きが贈るドラマファンのためのサイト。ドラマ、映画に関する情報や出演する俳優・女優さんの裏話もご紹介

menu

ドラマコレクション

「今からあなたを脅迫します」原作あらすじ感想(ネタバレ含みます)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトルイメージ

暗躍するオチャラケ男×悲しい過去を持つ女子大生。

偶然から始まった出会いがヒロインの呪縛を溶かしていく・・・2017年秋10月、日曜の夜(10/15~)に放映されるドラマにディーン・フジオカさん出演♪

ということで、キャストに釣られて原作小説を読んでみました。

Sponsored Link

脅迫屋って何!?

依頼人が安心安全にターゲットを脅迫できるように全力を尽くす、非合法なお仕事。

あくまでも脅す行為で目的を達成していくので、人の命を狙うことはないらしい。

お調子者に見える千川は、危険人物を相手に臆することなく冷徹に仕事をこなします。

澪が感じたように、千川は情に動かされて人助けをすることはないのかもしれませんね。

徹底したプロフェッショナルだからこそ、命懸けの裏社会で生き抜いていけるのでしょう。

どんな主人公?(キャラクター紹介その1)

千川完二(せんかわかんじ)

脅迫屋、依頼された人物を脅迫するお仕事。

被害者の救済(悪人への仕返し)をしている面もあるが、澪から見れば犯罪者。初回登場してすぐに人違いという大失敗をするが、機敏な動作と緻密な戦略はタダ者ではない。時々(真面目なシーンでは)、暗く温度のない冷淡な視線をする。

しかし、ほぼ毎回アニマル柄のTシャツを着て登場するところや、ベタなダジャレ(寒いオヤジギャグ)を言うところが、ダメ男感を漂わせている。

ドラマでは、ディーン・フジオカさんが演じます。アクションとかカッコイイ要素以外に、どんなオモシロキャラになるのかも楽しみだなぁ!

金坂澪(かねさかみお)

都内の私立大学に通う女子大生、170cmと長身。

面識のない他人を救うために巨額のお金を払おうとしたり、脅迫屋に気を使ったり。千川には偽善と言われるが、人が不幸になるのを見過ごすのが嫌。破格のお人よしで正義感が強く、自ら危険に巻き込まれていく。

6歳の頃に両親を交通事故で失くしていて、現在は独り暮らしだが以前は美沙伯母さんの家で暮らしていた。

ドラマでは、武井咲さんが演じます。

『今からあなたを脅迫します』あらすじ

騙し取られたお金を取り戻したい!悪者を懲らしめたい!警察を動かすには証拠が足りない!

イリーガル(違法)な手段を使ってまでも復讐したい相手を脅す「脅迫屋」が暗躍する物語。

もくじ紹介

第一章

「今から君を脅迫する」身に覚えのないストーカーっぽいものに不安を感じていたある日、郵便受けに届いた脅迫動画。人違いで脅迫屋と出会い、非合法な手段をやめさせようとするが・・・関わる内に正義感が刺激されて、逆に手伝うことに!?

第二章

「君を迎えに来たんだ」今回も唐突に現れた千川は、澪を脅しながら仕事を手伝ってくれと言い出す。最初は断っていた澪だが、依頼人の話を聞いたら正義感が燃え上がり手伝ってしまう。

第三章

「許せなくないんですか。あいつらのこと」澪の両親が命を落とした事故を起こした人物に殺意を向ける復讐劇。ここでは、脅迫屋に依頼せず自力で復讐を成し遂げようとする男が登場。澪の過去や亡き両親のエピソードが語られ、澪の内面が描かれる。

第四章、第五章

「俺たちは殺人事件に関わってる」・・・もしかして千川は極悪人に加担してるの?敵側なの?膨らむ疑念、季節はクリスマスだが楽しい気分にはなれない。千川に対する不信感に揺れながら、政治家の悪事を暴こうとするジャーナリストの正義感に心打たれた澪は正しいと思う道を突っ走る!

見どころと結末、感想(ネタバレを含みます)

非日常的な魅力

ヒロインの澪(みお)は、千川の職業を犯罪者だと認識していますがガッツリ関わっていくことになります。その他にも、空き巣・ハッカー・監視屋などの非日常的な違法業種がてんこ盛りに登場!

映像化の一番の楽しみは、かっこいいディーンさんのアクションとオヤジギャグですな♪

まさかの潜伏スパイにドキリ!

平和に見えた暮らしの中に潜む敵意。敵にも味方にもコロリと騙される澪なので、何がホントで何が策略なのか分からなくなる・・・という疑心暗鬼を楽しめました。

終盤の楽しみ

バラバラの読み切りエピソードに見えた各章。しかし第四章を読むと、第一章~第五章までがひとつだったことに気付かされます。すべて同じ敵や依頼主が関わっていたことが明らかになると、盛り上がりMAX!

あちこちに散りばめられた違和感に前半中盤はモヤモヤしましたが、どうやらそれは終盤への伏線だったようですね。最後にゴッソリと伏線の回収が出来てスッキリしました。

結末の感想

最後に、「俺らは君の前から、去る」と言いに来る千川。依頼は完了したけど、身の危険があるかもしれない栃乙女や千川達は密かに引っ越しが必要になったのです。

しかし、わざわざ澪に挨拶に来るあたり千川はかなり澪を気に入ってるのかな?と勘ぐっちゃいます。それは恋じゃなくて友情だろうと私は感じたんですが、何となく友情でちょうど良い気分。もう会えないかもしれない、ちょっぴり切ないラストは甘口でやや好みでした♪

続作ではどんな絡み方をするのか分からないけど、澪は「説得屋」(私の思い付き)として活躍できそうだと思うな!

優しく正しく生きる理由

小説のスタートから、このヒロイン好きだわ~と思う人は希少なのではないでしょうか。

なぜなら、彼女はその生い立ちが原因で無意識に心に問題を抱えていて、無防備過ぎる「お人よし」を発揮するからです。

彼女の親友でさえも初対面では澪のことが「嫌いだった」というぐらい、優しく正しく生きようとする頑固な「お人よし」っぷり。

お人よし部類の私が読んでもモヤモヤしてしまいます。

それが、違和感というか嫌悪感に近いものに感じたのは物語上で必要なことなのでしょう。

澪の過去や家庭環境が明らかにされて澪の変化が描かれると、「罪悪感をリセットしたくて頑張り過ぎちゃったんだろうなぁ、これからは肩の力を抜いてガンバレ~」という気分に変わりました。

分かりやすくてオススメ♪無料マンガ化

【おすすめ情報!】8月末からマンガ化されるとツイッターで知ったので、小説読書後にチェックしてみました。

すると、大変良好!冒頭から上手くアレンジされていて分かりやす~い♪(現時点では、まだ1話しかアップされてないのですけどね。)

小説の世界観を損ねることない何気ない足し算引き算が絶妙で、ヒロイン澪の好感の持てるお人よしな人柄も丁寧に描かれているので、私としては小説よりも好みです。それに、少女マンガらしいキュンとするシーンも楽しめるので、これは絶対オススメですよ!

『pixivコミック』(ネットで話題の作品2000以上が無料で読めるマンガサービス)の『なかよし』コーナーで連載。

それでは、最後に澪と千川以外のキャラクターを紹介します!

Sponsored Link

今からあなたを脅迫します(その他のキャラクター)

中の表紙

裏稼業3人チームが好きな私。中でも、裏表がなさそうな栃乙女が一番気に入っちゃいました♪男性キャラでは、千川と目黒がお気に入りです。

栃乙女(とちおとめ)
ハッキングのプロ、千川の協力者。第二章から登場する、金髪ヒョウ柄ばっちりメイクのギャル。スイーツ大好きな天然おバカキャラだが、凄腕のハッカー。

彼女が登場すると和むわぁ。ドラマキャストは、ぱるる(島崎遥香さん)。

目黒(めぐろ)
空き巣、千川の協力者。脅すネタを探る。

ドラマキャストには、三宅弘城さんが決定。私の読書イメージでは、千川と同様に若くて線の細い男性(例えば神木隆之介さんや本郷奏多さんなど)を思い描いていたのでガクリ感がぬぐえませぬ。三宅弘城さんなら、演技力が必要そうな秘書役か管理人さん役あたりが見たかったな~。

カンちゃん
常に明るい澪の友人、女子大生。

ぱるこ
端整な顔立ちをした女子大生。高校のクラスで知り合った澪が初めて心を許した親友。

美沙伯母さん
父親の姉、澪の保護者。

澪の両親
飲酒運転の車に猛スピードで追突されて逝去。父、轟遥平(とどろきようへい)は小さな玩具メーカーに勤めていた。母、七海は児童養護施設『みなとの家』で働いていた。

澪のおじいちゃん
悪徳政治家。非合法でも悪事であっても、国をよくするための「必要悪」だと言い切る。そんな祖父に澪の両親は反発。澪も、悪代官みたいな祖父のことが許せず、周りに知られたくないようだ。

第一章に登場する人物

サトウ
ターゲットその1、佐藤貴志32歳。千川に囚われて人質となり、元彼女だったナオコに動画で助けを求めていた男。振り込め詐欺で騙した相手(千川の依頼人)から脅迫される。

ナオコ
ターゲットその2、葛城菜緒子27歳。千川が探していた振り込め詐欺犯の一人だが、遺体で発見される。

第二章に登場する人物

立花絵瑠(たちばなえる)
一年前にこの世を去った、正義感の強いシンガーソングライター。可愛くて華やかで自信に満ちている人気者だったが、失言とも取られる一件以降は嵐のようなバッシングにさらされ、体調不良を理由に表舞台から消えた。その後、部屋のベランダから転落して命を落とす。

ミユキ
笠谷美幸(かさやみゆき)10歳ぐらいの女の子。両親に捨てられ過去を持つが、絵瑠の歌で元気を取り戻し救われた。

笠原沙和子(かさはらさわこ)
依頼人、20代半ばぐらい。絵瑠の同級生で友人だった。

茂木琢磨(もてぎたくま)
ターゲット。ゴシップ週刊誌の編集長、45歳。

土浦君枝(つちうらきみえ)
ターゲット。絵瑠が所属する事務所の社長。

第三章に登場する人物

國枝友基(くにえだゆうき)
児童養護施設『みなとの家』出身。澪の母である「七海先生」に世話になり、恩を感じている。添島を許せない國枝は・・・。

添島邦昭(そえじまくにあき)
澪の両親の命を奪った暴走車の助手席に乗っていた男。罪の意識や反省は一切ない、それどころか・・・。

刑事課の早坂(はやさか)
澪を訪問した刑事のひとり、40代後半ぐらい。

第四~五章に登場する人物など

音城一馬(おとぎかずま)
ターゲット。政治家・新戸部の黒いウワサの真相を暴こうとするジャーナリスト、30代ぐらいのワイルド系男前。

一ノ瀬清美(いちのせきよみ)
アパレル業に勤める美人、30歳。ターゲットをゆするネタを見付けるために千川達が身辺を探る。

児玉(こだま)
依頼人、新戸部の秘書。その正体は!?

管理人さん
澪が住むマンションの管理人。羊みたいに温厚な笑顔に癒される澪だったが・・・、実は!?

不破組
指定暴力団。芸能事務所との癒着疑惑や、薬物事件の関与疑いが報じられている。

新戸部文夫(にとべふみお)
爆破事故の救助活動で名を上げた、パフォーマンスの上手い国会議員。澪の祖父と関わりがある。

Sponsored Link

旅行日記

旅に行った時の思い出の写真と体験談を紹介。
あまり綺麗に撮れてないですがよかったら見てください(^_^;)


古都鎌倉のあじさいと食べ歩き
噂のパンケーキを食べたハワイ日記
【2016】アナとエルサのフローズンファンタジーパレード観てきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

【2017年7月期ドラマの原作】

ハロー張りネズミ
黒革の手帖
セシルのもくろみ

PR