カワイイがあふれる!「プリティが多すぎる」のキャスト

千葉雄大さん主演♪ジャパニーズカワイイの聖地・原宿を舞台にした熱きお仕事ドラマが2018年10月、日本テレビでスタート。『プリティが多すぎる』のキャストと関連情報をまとめています。

主人公が異動先で出会う、『ピピン編集部』の女性スタッフやド派手ファッションのモデルなど、個性的な登場人物のキャストは・・・

Sponsored Link

『タイトル』登場人物&キャスト

同名小説が原作のお仕事ドラマ。が演じる、大手出版社の文芸編集部のエースとして働く主人公が原宿系ファッション雑誌「ピピン」への異動を命じられ、悪戦苦闘する物語です。

主人公

登場するキャラクターとキャストをご紹介。※発表に合わせて追記していきます。

新見 佳孝(にいみ よしたか)千葉雄大

ニックネームは「南吉」。エリート意識が強く、プライドが高い。

ビジュアル的には可愛いが似合う千葉雄大さんですが、今回の役どころは「カワイイなんてバカバカしい!」と否定的なエリートを演じます。

【異動先】Pipin(ピピン)編集部

原宿系ファッション雑誌『Pipin(ピピン)』の女性スタッフは、曲者揃い。

佐藤 利緒(さとう りお)佐津川愛美

勝気で仕事一筋な編集部員。主人公の世話係。

原作でも美人でスリムな利緒を演じるのは、ホリプロに所属する佐津川愛美さん。このドラマと同じく10月期に放映されるオトナの土ドラ『結婚相手は抽選で』にも出演しています。

市之宮 佑子(いちのみや ゆうこ)矢島舞美

編集部員。

原作では、元モデルとしてモデルの子を心配したり主人公にアドバイスする登場人物。女性アイドルグループ『℃-ute』のリーダー経歴を持つ矢島舞美さんが演じます。

森野 瑠美/池端レイナ

編集部員。

台湾と日本を行き来して活躍する女優・池端レイナさん。インスタでは「台湾でも放送されるということで、ワクワクドキドキです」とコメント。

佐藤 美枝子(さとう みえこ)小林きな子

副編集長。

原作では、ピピンの新しいモデルを発掘するオーディションで活躍する副編集長。棒キナコ飴を掲げて微笑む小林きな子さんが担当。

三田村 詩織(みたむら)堀内敬子

編集長。穏やかだが、鋭い視点の持ち主。

原作ではオジサンだけど、ドラマではホンワカ美人の堀内敬子さんが編集長として主人公を育てます。

続いては、ファッション雑誌『ピピン』に欠かせない女の子モデルを紹介します。

Sponsored Link

ピピンのモデル

ド派手ファッションのわがままモデルたち。

キヨラ/長井短

ピピンのトップモデル。オシャレへのこだわりが人一倍強い。

独特のオーラを持ち、数々の雑誌モデルと演劇をこなす長井短さんが『ピピン』の人気モデル役にキャスティング。リアルな長井短さんは、なんと文芸誌が大好き。

中川 心寧/武田玲奈

ピピンのモデル。

原作には登場しない名前なので役柄は分かりませんが、『non-no』専属モデルとして活躍している武田玲奈さんはティーンエイジャーの女性向けファッション雑誌『Popteen』のモデルも経験。

「モデルの撮影のたびに地元・福島から東京まで電車で通っていた(wikipediaより)」ってところが原作とオーバーラップ。

こちらのおふたりは原作に登場する役名なので、ピピンのモデルさん役かなと思います。

ツバサ/づきんちゃん

2話に登場。

づきんちゃんはインスタで「初めての台本に初めての演技」「素の自分だったからこそ初めてでも楽しく演技がする事が出来た」とコメント。

アリサ/ひかぷぅ

2話に登場。

普段のイメージそのままでいける、ピンク色の髪色と丸メガネがトレードマークのひかぷぅ(水嶋ひかる)ちゃん。

ピピンに関係する人々

レイ/黒羽麻璃央

原宿のカリスマショップ店員。

原作にはないキャラですが、役どころとしては原作のイーくんポジションなのかしら?レイ役ではとっても可愛いビジュアルを見せてくれる黒羽麻璃央さんは、ミュージカルや舞台で活躍するイケメンさんです。

美麗/森山あすか

ピピンモデルに憧れる読者。

名字が書かれていないキャラですが、あの人の娘なのかな?と予想しながら放映を楽しみにしてます。森山あすかさんの原宿ガール画像、楽しそうですね!

戸馬 一樹(とま)池田鉄洋

カメラマン。

原作の戸馬は、ピピンのモデルを最高に可愛く撮るプロカメラマンであり、主人公にプロ意識の必要さを痛感させてくれる存在です。普段は気さくで人当たりが良く、にこにこして撮影現場を盛り上げる戸馬。池田鉄洋さんナイスキャスティングだなと思いました。

徳丸 弘美(とくまる)宍戸美和公

スタイリスト。

原作では、アーティスト気質の直情型だけど面倒見が良く頼もしいスタイリストさん。宍戸美和公(ししどみわこ)さんは、私が小説からイメージしたようなビジュアルを見せてくれています。

【前の職場】文芸編集部

柏崎 龍平(かしわざき)杉本哲太

主人公の元上司、売上至上主義の編集長。人気作家を口説き落とすためなら手段を選らばない。

おや?ドラマの柏崎さんは、ちゃんと仕事姿を見せてくれそうですね。原作のコワモテだけどコミカルな親バカシーンが好きなので再現してくれると嬉しいのですが、どうなるのかな。

近松 吾朗(ちかまつ)中尾明慶

主人公と同期のお調子者でおバカな編集部員。利緒に惚れている。

こちらのキャラも小説とはガラリとイメージが変わりそうな予感。原作では何かと主人公に協力してくれて何気に活躍する近松さん、好感が持てるキャラです。

作家

巽 信次郎/麿赤兒(まろあかじ)

ベストセラー作家。

原作には出てこないキャラですねぇ。

水科 木乃(みずしな きの)清水くるみ

人気の若手作家。

私としては何気に重要なキャラだと思ってます。小説ではラストエピソードに登場。

キャスト感想

主演が千葉雄大さんってのが嬉しい!『桜蘭高校ホスト部』(2011年のドラマ)のハニー先輩以来、好きな俳優さんなので楽しみです。

あの時はカワイイを見事に体現した役柄だったけど、今回はカワイイを拒絶する役どころ。ドラマでは、どんな主人公になるのかな♪原作を読む時には、千葉雄大さんのつもりで読みました。

ツイッターの反応

イケメンの若者2人、千葉雄大さんと黒羽麻璃央ん好きの皆さん。「面白そう、楽しみ、すごく楽しみ、楽しみすぎる、うれしい~」と大盛り上がり!

モデル役やピピン編集部員役の女性陣には、「めちゃ可愛い、可愛いすぎる、楽しみ、うれしい」という応援が溢れています。

関連ページもどうぞ!

ドラマ『プリティが多すぎる』

ロケ地は原宿のどこ?

原作小説のあらすじ&ネタバレはこちら!

1話あらすじと感想ネタバレ