ドラマ「リーガルV」1話~最終回あらすじのネタバレと感想【随時更新中!】

10月11日(木曜日)に米倉涼子主演ドラマがスタートしました!今回は木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』1話あらすじネタバレや感想を紹介します。

Sponsored Link

ドラマ『リーガルV』1話あらすじ・ネタバレ

放送:2018年10月11日(木曜日)よる21:00~(全10回予定)

初回1話の視聴率は?

10月11日に放送された1話の視聴率は15%でした。

ドクターXの流れで20%前後を予想していただけに残念!ただ、「月9のSUITSを上回る好発進」とメディアは前向き。

これまで放送された木曜ドラマ枠はこんな感じ↓

過去のテレ朝木曜ドラマの初回視聴率一覧
ハゲタカ 11.9%
未解決の女 14.7%
BG~身辺警護人~ 15.7%
ドクターX 5 20.9%

米倉涼子主演の大ヒットドラマ「ドクターX」の初回視聴率は20%超えも多く、今作は新たな挑戦ということで期待されている方も多い事から20%超えも余裕?!

『リーガルV』1話あらすじネタバレ

1話のゲスト


安田勉(児嶋一哉)  大手の「君島科学」社員。三島麻央から痴漢で訴えられたが、冤罪を主張。


三島麻央(山谷花純)  大学4年生。満員電車でお尻を触られ、背後にいた安田が犯人だと主張。


小鳥遊翔子の口車に乗せられ、法律事務所の代表になってしまった京極雅彦

彼は大学の法学部で教鞭をとっていたが、このほど退職の日を迎えていたのである。

京極の教え子で元検事の弁護士、いわゆるヤメ検の大鷹高史は翔子に騙されていると京極に忠告。翔子は弁護士資格を剥奪され、大手事務所の「Felix & Temma法律事務所」も退職していた。

一方、翔子は断崖絶壁から身を投げようとしていた青島圭太に声をかけ、弱者を救う法律事務所で一緒に働きましょうと誘う。自殺をしようとしたわけでなく、自殺現場に来ていただけだったと本人は言ったが・・・。

青島は早速、翔子の事務所を訪ねようとしたが、電車で痴漢騒ぎに遭遇。駅員に取り押さえられている安田勉とともに警察署へ行き痴漢で逮捕された場合、罪を認めたほうが早く出れるとアドバイスした。

翔子と連絡が取れず京極は不安になっていたが、事務所は用意されていて驚く京極と大鷹。

大手にスカウトされたと思っていた青島は小さな京極事務所を見て愕然とする。彼は既に前の事務所を辞めてしまったらしい。

翔子はパラリーガルを2名採用していたが ストッカー行為で服役していた馬場雄一と横領の罪で逮捕された元銀行員の伊藤理恵という前科者ばかり。

記念すべき初仕事は青島が関わった痴漢事件だが儲けが少ないからとやる気のない翔子。しかし鉄ヲタの翔子は駅弁につられて勾留中の安田の元へ青島と訪れた。

翔子も青島と同じ意見で、痴漢を覆すことは困難で、ほぼ100%有罪になるので示談にしたほうが良いと助言。

しかし安田は痴漢はしていないと改めて訴える。今まで真面目に生きていたことを否定することになるのでそれだけは避けたいという。さらに大事なプロジェクトのチームリーダーを任されているので棒に振ることは出来ないと。

やる気スイッチが入った翔子

安田は君島科学で働く優秀な社員。彼が関わっているプロジェクトの特許は300億円の価値があると知り、スイッチが入った翔子は痴漢冤罪を主張するために立ち上がる。

一方、君島科学の相原常務が大手事務所「Felix & Temma法律事務所」のエースと言われる海崎隼人と共に安田の面会に訪れていた。プロジェクトのリーダーが痴漢で逮捕されたことが公になれば会社の信用はガタ落ち。安田に退職するよう圧力をかけていたのだ。

自暴自棄になっていた安田に、一緒に戦おうと奮い立たせる翔子。

対決!

京極法律事務所のスタッフ総出で痴漢冤罪を調査し法廷に挑んだ。痴漢が行われたとされる時間は安田は携帯でメールのやり取りをしており、被害を訴えた女子大生の三島麻央の左後ろから左手で触ると不自然な体勢になるなど青島は訴えたが厳しい状況は変わらず、初日は閉廷。

ヒーロー登場

法廷二日目の日、麻央に偽証罪は3ヶ月以上10年以下の懲役になると軽いジャブを入れた翔子。

法廷では証人として鉄道検定1級のライセンスを持つ鉄ヲタの翔子が登場。

当時の状況は物凄く不自然な点が多く、痴漢をしたという安田の顔が車窓に映ったという麻央の訴えを真っ向から否定。ドアガラスは宣伝ポスターが貼られてあり乗客の顔が映し出されることはないと断言。

調書は虚偽の可能性が高くこの事件は冤罪であると訴えたところで、原告側の席に居た麻央は泣きながら法廷で謝罪。

麻央は訴訟を取り下げたいとのことで安田は無罪になった。

しかしまだまだこれからだという翔子。

新たな事実が発覚!

実は麻央は安田の同僚から痴漢冤罪のバイトを50万円で引き受けた。同僚は安田をずっと嫉妬していたらしい。安田さえ居なければ自分が一番なのに、と。

京極事務所は君島科学に損害賠償の通知書を送付。

安田の不当解雇と精神的苦痛による損害賠償の100億円を求める民事訴訟を起こす旨を通達した。

後日、京極が君島科学の社員が仕組んだ痴漢冤罪と不当解雇に対する告発会見を開くことを伝えに君島科学を訪問。

完全勝利

京極法律事務所のやり方は100億払わなければ会見を開くと脅すようなもの。逆に連中を訴えようと相原常務は息巻くが、和解交渉を進めるしか道はないと助言する海崎だった。

君島科学から実際に取れるお金は3億円程度。事務所に2割の6000万が入る計算だと嬉しそうに語る翔子。

冤罪事件が全て解決し、翔子は元ホストで詐欺で捕まった茅野明をパラリーガルとして新たに採用していた。

事務員全員前科ありってオカシイだろ?という大鷹は、京極を代表にした理由を翔子に尋ねると、大学の教授で貫禄がある人が座っていればナメられることはないからと言う。ポチ(青島)だけだと不安でしょ?と。

ポチと言われてしまった青島は、どうして僕をスカウトしたのか翔子に尋ねるが・・・・「お預け♡」とはぐらかされてしまった。

Sponsored Link

「リーガルV」1話の感想

第1話ということで、登場人物の説明や立ち上げたばかりの法律事務所でバタバタとしていますが、ストーリーは王道で素直に面白かった。

痴漢冤罪でゲストがアンジャッシュの児嶋さんというところがポイント(笑)。「アレ、出るのかな?」と期待した人も多いはず。

でも、真面目一辺倒な弁護士ドラマではなく、高橋英樹さんが意外とギャグ担当だったり笑いどころもちゃんとあり。

個性が強すぎるスタッフたちは全員前科者ばかりで勝村政信さんもツッコまずにはいられません。彼女がなぜ訳ありの人を雇うのかも気になるポイントです。

しかし初回から米倉っちのサービスショットが多々あり、まさに「エロカッコイイNEWヒーロー」の誕生に男性ファンの心を初回から鷲掴み。もちろん林遣都のポチキャラに萌えてしまった女性ファンも多いはず。

ストーリーだけでなくキャラ設定も最高ですね。

あと、かなり年季の入った鉄ヲタという翔子の趣味が初回から大活躍!これからも彼女の鉄女知識が活かされる展開があるかもしれません。

元弁護士・美人・鉄ヲタ・「現場百回」のファン・・・・黒い噂もあるらしくまだまだ謎が多いダークヒーローです。

ツイッターの反応

Sponsored Link

まとめ

林遣都くんに「お預け♡」と言っちゃう翔子。完全に手のひらで遊ばれているポチの林遣都くんと米倉っちの絡みが当分楽しめそうな予感。

テンポよく進むストーリーと、個性的な登場人物たちが活躍する崖っぷちの逆転劇はたまらないですね。

第1話の最後に

「資格が無いと人救っちゃいけないの?」

「でもやるのはあんたたちよ 私はただの管理人だから」

なんて名言も飛び出してドラマは終了しましたが、間違いなく人気が出そうな予感!次週が楽しみですな。

PS 現場百回という刑事ドラマの変死体が完全に犬神家の一族でしたね。(笑)。