ドラマ好きが贈るドラマファンのためのサイト。ドラマ、映画に関する情報や出演する俳優・女優さんの裏話もご紹介

menu

ドラマコレクション

「陸王」の個性豊かな登場人物と相関図まとめてみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

100年の歴史がある足袋の老舗メーカーが、年々収益が下がる現状を打開するため、大手に負けないスポーツシューズの開発に挑戦するエンターテイメントな物語。

前回はあらすじをご紹介させて頂きましたが、今回は登場する人物が多いので、一覧にまとめてみました。是非参考にしてください。

Sponsored Link

もくじ (文字クリックでジャンプ出来ます)

登場人物

こはぜ屋の人達

宮沢紘一
こはぜ屋三代目社長。100年の歴史を持つ地下足袋製造会社「こはぜ屋」の存続危機に直面。現状を打開するため新規事業として「陸王」の開発に乗り出す。根は真面目で誠実。会社のこともそうだが就職できない息子・大地に頭を悩ます。

宮沢大地
23歳。社長の長男。大学を卒業したが就職に失敗してこはぜ屋で働き始めるが、腰掛け程度でやる気なし。父親である社長は地下足袋という将来性の無い家業を継がせたくないと思っている。現在は働きながら就職活動を続けているが、ことごとく落ちており、家では腫れ物扱いになっている。工学部卒だが営業志望で就職活動中。

富島玄三
62歳。経理担当。勤続40年以上のベテランで先代社長の頃から勤める番頭。保守的な考えで新商品の開発には反対派。

安田利充
40歳。明るい性格で面倒見がよく若手社員のまとめ役。社長の良き相談相手でも有る。

正岡あけみ
64歳。平均年齢60歳の縫製課を束ねる元気の有るオバちゃん。縫製技術はピカイチで新規事業のメンバーとして参加する。感情豊かで、安田と同じくこはぜ屋の良きムードメーカー。

西井富久子
縫製課の最高齢の縫い子さん。足袋のデザイナーとしての顔も有る。

 

埼玉中央銀行

坂本太郎
30代。こはぜ屋が取引している埼玉中央銀行の担当者。言いたいことはハッキリというタイプだが、こはぜ屋の新商品開発に積極的に協力する。新規事業を立ち上げようと思ったきっかけは坂本の一言が大きい。転勤してもこはぜ屋を何かと気にかけてくれる。

家永亨
埼玉中央銀行の行田支店長。銀行の看板を鼻先にぶら下げた、いやらしいタイプ。中小企業を見下しており、上から目線の物言いが鼻につく。

 

ライバル企業のアトランティス

村野尊彦
53歳。アトランティスの営業部に所属し、選手のサポートを主な業務とする。高校卒業後にシューズメーカーに就職。靴作りの基礎を学んだが20代中半で会社が倒産。スポーツシューズの分野を目指したいと、当時まだ中堅企業だったアトランティスに就職。現在は企業や大学の陸上競技部を回ってアトランティスのシューズを使ってもらうために選手のサポートをしている。いわゆる「シューフィッター」。高い技術力と選手一人一人の状態を把握しており、選手からの信頼も厚い。

小原賢治
アトランティスの営業部長。アメリカの有名大学で経営学修士号を取得している。会社の収益を一番に考えると言えば聞こえは良いが、あっさりと人を切り捨てる冷酷さがある。彼にとって選手とは商品を売るための道具に過ぎない。

 

助っ人

飯山晴之
工業高校卒業後、繊維メーカーに就職。10年勤め上げた後、父親が経営するインテリア会社に戻る。技術開発で資金繰りが悪くなり倒産。その時に考案したのが繭の特殊加工技術だった。言葉遣いは荒いが義理堅く根っからの技術屋。

 

その他の人達

茂木裕人
ダイワ食品の選手。東西大学で箱根駅伝の5区を走り、ライバルの毛塚とデットヒートを繰り広げた将来有望の選手だったか、足の故障で表舞台から姿を消す。途中で断念した京浜国際マラソンでリベンジを果たすことが出来るのか。故障中、ライバルの毛塚の活躍をずっと見続けていた茂木は危機感を抱きながらも必ず勝つという強い意思で練習に励む。

毛塚直之
名門・明成大学のエース。箱根駅伝の5区で茂木との争いに勝ち、明成大学は往路と復路を制し総合優勝を果たした。宮沢の息子・大地に言わせるとチャラチャラしたヤツらしい。

御園丈治
アパレル会社フェリックスの社長。ネクタイの無いスーツ姿だが、気取ったところはない。フェリックスと言うのは妻の命を奪ったハリケーンの名前。忘れてはならない自分の原点だからと彼は言う。

 

陸王の相関図

ごちゃごちゃしていて、これだけだと矛盾点がありますね。アトランティスは、こはぜ屋のライバル企業ですが村野はいずれ会社を退職して、こはぜ屋のアドバイザーとして活躍します。

埼玉中央銀行の担当者である坂本は、こはぜ屋の新規事業に協力的な立場ですが、支店長の家永は中小企業に冷たい。

そして飯山というちょっとクセのある男が意外と情に厚く、こはぜ屋再建のキーマンだったり、頼りなかった息子が要所要所で活躍したりと、幾度となく危機に直面しますが、心強い仲間たちが一枚岩となって乗り越える様は気分爽快です。

原作小説が知りたい方はこちらにガッツリ書いています♪

こはぜ屋のモデル「きねや足袋」ってどんな会社?

Sponsored Link

旅行日記

旅に行った時の思い出の写真と体験談を紹介。
あまり綺麗に撮れてないですがよかったら見てください(^_^;)


古都鎌倉のあじさいと食べ歩き
噂のパンケーキを食べたハワイ日記
大混雑!新東名「岡崎サービスエリア」に行ってみた・フードコード徹底紹介
【2016】アナとエルサのフローズンファンタジーパレード観てきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

【2017年7月期ドラマの原作】

ハロー張りネズミ
黒革の手帖
セシルのもくろみ

PR