ドラマ好きが贈るドラマファンのためのサイト。ドラマ、映画に関する情報や出演する俳優・女優さんの裏話もご紹介

menu

ドラマコレクション

面白そうな春ドラマ「戦う!書店ガール」の原作を読んでみました。あらすじと感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
dorama107

ドラマの原作となるのは「書店ガール」という題名の小説です。
何といってもドラマ出演陣が私好み♪

どんな物語なのかワクワクして読み始めました。

※ネタバレほぼ無し
【ドラマ「戦う!書店ガール」、2015年4/14スタート・毎週火曜よる10時】

 

戦う書店ガールのロケ地情報はこちら

Sponsored Link

※原作者は、碧野圭さん。『書店ガール』シリーズとして3冊出ています。
今回は、1冊めの『書店ガール』を読みました。

私風、あらすじ

舞台は、東京・吉祥寺の老舗書店(チェーン1号店)。

中心人物は、不幸せ感満載の独身アラフォー副店長・理子と、
男性人気はあるが女性にはやっかまれがちな美人お嬢様キャラ社員・亜紀

この個性的な二人が激しくぶつかりながらも
会社に感じる理不尽さに決起して戦う、熱く痛快な仕事物語!

恋愛生活・結婚・仕事
身近な問題が次々と湧き起こりハラハラもやもや

周囲に叩かれまくった女2人は、サクセスストーリーを描けるのか!?

元々の題名は『ブックストア・ウォーズ』

物語は、常に(理子と亜紀が)誰かとバトルしている内容です。

まさに元タイトル『ブックストア・ウォーズ』なのですが、なぜか『書店ガール』に変更。
おしゃれな感じにはなってるけど、私は「ウォーズ」と付いていた方が好みだな。

だから、ドラマタイトルに「戦う!」が追加されているのが嬉しいですね♪

 

続いて後半は、「どんなバトル?」など・・・

 

Sponsored Link

どんなバトル?

大雑把に言えば前半はギスギス&もやもやする「女vs女のバトル」で、
後半はネチネチする「女vs男のバトル」展開。

前半は恋愛関連で、美人の正社員・亜紀に女性店員が猛反発!

女のいがみ合い こわ~…

後半は、仕事で好成績を上げて目立つ理子も攻撃されて!

仕事上の嫌がらせつら~…

特に前半は嫌がらせや憶測、疑心暗鬼な描写が続き(そういうストーリーが苦手なので)、
救い(味方)が無い雰囲気がもやもやっとして読むのが苦痛…。

が、読み進めていくと、
これは後半のための前振り状態なのかな?と感じました。

敵が味方になったり、味方が敵になったり、ギャップや変化を楽しみました
それに、疑心暗鬼も盛り上がりますね。

後半の理子と亜紀が会社や男性相手に戦うシーンが熱くて、爽快♪

※後半のバトル内容はネタバレになりがちなので、伏せておきます。

それに、理子が自分自身と戦い、人徳を得ていく様子も見どころ!
若いアルバイトたちの活躍にもワクワクしました。

それから、泣きどころもありましたよ。
理子と町の小さい本屋のおじさんとのほっこりするやりとりや、父親との確執話しにジーン

関連ページ: 

ドラマ「戦う!書店ガール」Wヒロインキャスト【まゆゆ&稲森いずみさん】どんな役柄?

ドラマ「戦う!書店ガール」登場人物と関係は?サブキャラのキャストも充実

気になる本屋さんの仕事っぷりと、吉祥寺

本屋さんの日常の仕事っぷりが描かれていたので、それにも興味を持って読みました。
舞台裏(バックヤード)のお仕事やリアル本を売るこだわりと熱意も楽しかったです。

書店員の経験がある人には、作業描写が懐かしく思えるかもしれませんね。

そして、小説『書店ガール』の舞台となる本屋さんがあるのは、吉祥寺

私にとって「吉祥寺」は良いイメージだなぁ、なんとなく。
行った事は無いから、物語やメディアに登場するイメージだけですが。

↓タイムリーな雑誌発見♪


ですが、店内や社内ストーリーが多いのでドラマでの外ロケは少なそうで残念。
素敵なカフェが登場するといいな。(目の保養に)

 

その他の春ドラマはこちら

harudorama2015bana

Sponsored Link

旅行日記

旅に行った時の思い出の写真と体験談を紹介。
あまり綺麗に撮れてないですがよかったら見てください(^_^;)


古都鎌倉のあじさいと食べ歩き
噂のパンケーキを食べたハワイ日記
大混雑!新東名「岡崎サービスエリア」に行ってみた・フードコード徹底紹介
【2016】アナとエルサのフローズンファンタジーパレード観てきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PR