ドラマ「トリック新作スペシャル」1~3あらすじ感想ネタバレあり

シリーズのメインとなる連続ドラマとは別に『トリック』の世界を楽しめる、単発スペシャルドラマ「新作スペシャル」。約2時間のボリュームがあるエピソード、どんなお話なのか1~3をまとめてチェック・・・

Sponsored Link

トリック「新作スペシャル」1~3あらすじ感想ネタバレあり

見どころ・ポイント!

  • 冷静な奈緒子が頑張る、スペシャル1
  • 復讐劇が止まらない、スペシャル2
  • 財宝に辿りつくと命を落とす、スペシャル3

SPドラマ作品データ

  1. 『TRICK新作スペシャル』1作目(2005年11月放送)
  2. 『TRICK新作スペシャル2』(2010年5月放送)
  3. 『TRICK新作スペシャル3』(2014年1月放送)ドラマとしては最終作

共通メイン登場人物&キャスト

連続ドラマや映画と同じく、毎回登場する面々はこちら。矢部刑事の部下3代目は、スペシャル1作目から新登場!


山田 奈緒子(やまだ なおこ)仲間由紀恵  主人公

上田 次郎(うえだ じろう)阿部寛  主人公

奈緒子の母・里見(さとみ)野際陽子

奈緒子の父・剛三/岡田眞澄


矢部 謙三/生瀬勝久  刑事

秋葉 原人/池田鉄洋  刑事、矢部の部下3代目


池田 ハル/大島蓉子  アパートの大家さん

ジャーミー/アベディン・モハメッド


照喜名 保/瀬戸陽一朗  奈緒子のファン

ナレーション/森山周一郎


神部 明/なすび  途中からアパートの住人になる

神部 知世/田所二葉  その妻

「TRICK新作スペシャル1」【あらすじ・感想・ネタバレ・ゲスト登場人物】

1作目は、占星術師のお話。占いに科学的根拠はあるのか!?

あらすじ

当たると評判の占い師・緑川祥子と対決する、有名科学者チームとしてテレビ番組に出演する上田と大学教授3人。非科学的だと疑う教授たちやテレビカメラが見守る中、不吉な占いは的中。スタジオは騒然!

テレビ番組の放送終了後、観客やスタッフにインチキを暴いてこいと迫られて断れない上田は、奈緒子を連れて緑川祥子に会いに行くことに。

現地では大学教授3人と合流して占いを検証しようとするが、余裕たっぷりの緑川祥子から自分達(大学教授4人)が「いつどこでどうやって死ぬのか」を占った結果が入っっているという4つの封筒を渡される。

奈緒子は緑川祥子の占いはインチキだと推理を披露するが、死を予言された大学教授達は次々と占い通りに絶命する。同じく命を狙われる上田と奈緒子は、命懸けで謎を暴いていく・・・。

主なゲスト登場人物&キャストと設定


緑川 祥子/名取裕子  人気の占い師。きわめて科学的と自負する独自の運命演算術や水鏡などを使い、宇宙の波動を感知して占う。『逃れられない!暗黒厄年』など彼女の著書はどれもベストセラー。

宇宙占館デスラ  緑川祥子記念館。祥子を信じる者が集まる場所。


福澤 慶/大和田伸也  三田日吉大学の教授。

新島 同志/本田博太郎   今出川大学教授。

大隈 早大/小木茂光  高田馬場所沢大学教授。緊張すると甘いものを手放せなくなる。


加藤 ケン/岩尾万太郎  上田が出演していた番組中に、祥子に向かって親戚が霊感商法で騙されたハッタリだと怒り出すが、祥子の占い通りに命が尽きてしまう。

感想ネタバレ

感想

今回は上田の元に依頼が入るパターンではなく、たまたま事件に巻き込まれるので、犯人としても上田と奈緒子は予定外の人物。この2人が居なかったら、閉ざされた敷地内でバレることなく完全犯罪が行えていたのかと思うと、矢部刑事のダメさを痛感。でも、矢部刑事すきなので出番少なくて残念です。

奈緒子は、宇宙人でお人形さん遊びしてたのが可愛かった♪

宇宙といえば、こうして改めて眺めてみると『宇宙占館デスラ』って、うちゅうせんかん・・・宇宙戦艦ヤマト。そして、顔色が青くて金髪なデスラー総統の名前パロディなんですかね。

ネタバレ

とりあえず、物語が始まって最初の方に描かれる里見の書道教室シーン。パロディやメッセージが入っているので毎回チェックしていますが、子供達が書いた文字のなかに、さらりと「祥子が犯人」って入れ込んであるのがウケちゃいました。

まさか物語が始まる前から、いきなりネタバレするとは。

まぁでも犯人が誰かってことより、なぜ事件が起こったのかっていうエピソードを重要視するドラマなのかもしれないですね。

最後には、もうひとひねりあるかと期待したけど終わり方も意外とアッサリ。それなりに楽しんだけど、シーズン2~3と比べちゃうと少し物足りなさを感じちゃいました。

ネタバレ

逆さまに読むと有名人の名前になってる地名パロディ(功爪橋、三拓谷川、富市山村など)や、偉人×大学で名前が作られている人名パロディ(福沢諭吉×慶應義塾大学、新島襄×同志社大学、大隈重信×早稲田大学)をチェックするのも楽しい。

その他のゲスト登場人物&キャスト


大柴 邦夫/西村雅彦  宇宙占館デスラで上田を案内する、祥子の助手。

岸田 敦子/AKINA  宇宙占館デスラで祥子に占ってもらい「災」カードを引いてしまった若い女性。

テリーいたう/テリー伊藤  テレビ番組『緊急特番 毎度スクランブル スペシャル』の司会者。

パレオ・れいこ/すほうれいこ  番組アシスタント。

菊池 愛介/姜暢雄  矢部の元部下2代目だった刑事。ちょこっと出演。

神部 明/なすび  奈緒子の母・里見が作る「男女産み分けお札(1万円)」をもらいに来る夫婦。この夫婦はこのエピソードが初登場。

神部 知世/田所二葉  その妻。

Sponsored Link

「TRICK新作スペシャル2」【あらすじ・感想・ネタバレ・ゲスト登場人物】

呪いの念がこもった子守唄、不可思議な事件のトリックは?

あらすじ

上田の元に訪れた一夜村(ひとよむら)のお金持ちな青年・西園寺誠一は、村に伝わる言い伝えが迷信かどうか実験して欲しいと依頼する。

今回調査するのは、岡山県の山奥にある村に古来から伝わる風習『契り祭り』。好きな相手の体の一部(髪の毛など)を『契り紙』に包んで、山頂にある『契り契り岩』の縄に結びつけて契りの誓いを立てると、恋が必ず成就するという不思議な言い伝えがある。

しかし、もし相手が同じ願掛けをしないと、振られた方には3日以内に死が訪れるという隠された言い伝えもあるのだった。

迷信かどうか調べるための実験台として奈緒子を騙して同行させ、現地入りをする上田。40年振りの契り祭りが始まり、実験を始めるが、不可思議な遺体が次々と見付かる事件が発生!

深い恨みを持つ女・彩乃が歌う子守唄の内容にぴったりと合う事件。これは彩乃の犯行なのか?それとも祭りの呪いのせいなのか?

最後の最後まで、復讐劇の物語は止まらない!

主なゲスト登場人物&キャストと設定


一夜村(ひとよむら)  岡山県の山奥にある。

契り契り岩  奥契岳の山頂にある。


西園寺 誠一/永山絢斗  今回の依頼人。資産家の息子でモテる。

恭子ちゃん/高橋真唯  誠一と両想い。

石坂 麗子/逢沢りな  誠一の許嫁。1人目の被害者。

菊ちゃん/美波  誠一の幼馴染。2人目の被害者。

 


西園寺 松子/手塚理美  誠一の母。村の名家・西園寺家の当主。

東崎 彩乃/浅野ゆう子  東崎家の長女。20年前の復讐のために霊能力を身に付けて村に戻って来たという。

東崎 彦助/鈴木一真  彩乃の夫、故人。女癖が悪かった。

亀井 旅子/濱田マリ  上田と奈緒子が泊まる旅館『亀の屋』女将。

感想ネタバレ

感想

今回はビジュアルが怖かった~。スプラッタではないけど、古き名作ミステリー『金田一耕助シリーズ』のような日本風のオカルト感満載♪そして、狭い村の中で起こる愛憎劇もコワ~!犯行背景とまさかの血の繋がりが予想外で面白いドラマでした。

『金田一耕助シリーズ』は、子供の頃に見て怖かった記憶があるけど、あの雰囲気が好きです。

キャストに関しては、私の好きな女優・濱田マリさんと矢部刑事との絡みが最高♪

ネタバレ感想

最初は女としての嫉妬で復讐しているのかと思いきや、なにがなんでも自分の子供を守りたい母の愛が動機だったとは。だから、呪う子守唄ではなく「子供を守りたくて歌う子守唄」だったんですね。

しかし、まさかあの浮気エピソードがここまで被害拡大するとは。モラル大崩壊の大人達の事情に巻き込まれてしまった子供達、犠牲者と誠一のやるせなさがモヤッとくすぶります。

ネタバレ感想

獲物を串刺しにして放置する鳥・モズの習性「モズのはやにえ」のような被害者が見付かるけど、それよりずっと昔に赤ちゃんの入れ替えを行っている犯人はモズというよりもカッコウのような女ですなぁ(カッコウの托卵)

ネタバレ

劇場版3作目の公開と同じタイミングで放映されたので、エンドロールでは映画の予告風の会話が入っています。

また、劇中で奈緒子が寝言で「余の顔を見忘れたか?」と暴れん坊将軍の名台詞を言ってるのも、映画の予告めいたものなのかも。劇場版3作目には、暴れん坊将軍の主演・松平健さんがキャスティングされているので。

その他のゲスト登場人物&キャスト


石坂 久仁子/山下裕子  誠一の許嫁である麗子の母。

坂上 方庵/酒井敏也  祈祷師。誠一の母が頼んだ。

診療所の医師・恩田 洋三/下條アトム  20年前に彩乃の子と夫の遺体を検視した。

旅館の番頭/MCU

巡査・岡村 吾一/おかやまはじめ

村長/織本順吉

審査委員長・秋元 康/秋元康  契り祭りのど自慢大会の審査委員長。

横森 良造/横森良造  アコーディオン伴奏。

奈緒子をクビにする興行主/大竹まこと

Sponsored Link

「TRICK新作スペシャル3」【あらすじ・感想・ネタバレ・ゲスト登場人物】

ラストステージ公開に合わせて放映された、ドラマとしては最終作品!

あらすじ

上田の研究に興味を持っているという男・水神達郎に招待された『尾古溝村(おこみぞむら)』に、上田は(家賃を払えなくて大家さんから逃亡中の)奈緒子を連れて向かう。

ふたりが村に到着したのは、ちょうど水神(みずかみ)家の遺言開封の日。案内されるがままに遺言開封に出席するが、水神家に伝わる呪い話と、ドロドロの遺産相続争い、時価数百億円相当といわれる財宝探し騒動に巻き込まれる。

それぞれが我先にと財宝を探す、欲にまみれた水神家三姉妹。もちろん奈緒子も財宝が欲しくてノリノリ。しかし、言い伝えられている呪いに命を奪われたかのような犠牲者が次々と発見される。

主なゲスト登場人物&キャストと設定


尾古溝村(おこみぞむら)  星とこんにゃくと出で湯の村。シロアシ群生地。

シロアシ  沼に生えている白い足。

竜の谷(りゅうのたに)  あちこちから硫化水素が吹き出している危険な場所。村人たちも近付かない。


水神一族  古くから日照りに悩まされることが多かった村では、水源を握っていた水神一族が大きな権勢をふるっていた。

水神家に伝わる財宝  代々の当主が密かに受け継いできた、時価数百億円相当の財宝の在り処を示すヒントが入っている箱には、はるか昔の当主が依頼した祈祷師によって呪いが掛けられている。謎を正しく解けば財宝を見付けることができるが、もし財宝にふさわしくない、いやしい心を持つ者がこの箱を開けた場合は呪いによって命を落とす、と伝えられている。


水神 達郎(たつろう)/冨家規政  上田を村に招待する。有名アパレルメーカーの社長。

長女・水神 幸代(ゆきよ)/国生さゆり  達郎の妻。昔から弁護士の佐伯とイチャイチャ仲が良い。最初の被害者。

水神 冬子(ふゆこ)/松岡恵望子  幸代の娘。男にだまされて大きな借金をしてしまい、父の会社のお金で穴埋めした。


次女・水神 月子(つきこ)/藤田朋子  総合病院のオーナー。医療ミスで訴えられている。息子が生きていると思い込んでいる。

敦志(あつし)  1年ほど前に釣りで遭難、遺体は見つかっていない。

 


三女・水神 華絵(はなえ)/飯島直子 夫の次の選挙が危ないので金が欲しい。

水神 修介(しゅうすけ)/森岡豊  華絵の夫。現職の県議会議員。

水神 明(あきら)/福士蒼汰  華絵の息子。幸代おばさんが怪しいと山田に相談にする。


水神 公望(きんもち)草薙良一  水神家当主。愛人とその子供を家に入れたかったが、水神家の三姉妹に反対された。

赤沼 菊恵/栗原瞳  公望の愛人。水神家の三姉妹に押しかけられ、二度と水神家に近付かないと念書を書かされた夜に自害。公望との子供は施設に引き取られた。


佐伯 幸三/上條恒彦  水神家の弁護士。財産の管理を任されている。

藤崎 千佳子/朝倉あき  水神家の使用人。

神主/石田 太郎  尾古溝村の神社の神主。古くからの伝承や水神家の事情を教えてくれる。

感想ネタバレ

感想

犯人はすぐにピンときて予想通りでしたが、奈緒子の財宝探しと殺人トリック暴きでミステリーを楽しめました。パッと見では『トリック』らしい遺産相続物語ですが、呪いの真相は初めて感があって満足できました。それに、竜の谷の形状もカッコ良かった!

ネタバレ感想

水神家に生まれた者は、手首に2つのほくろのようなものある。竜に噛まれた跡がを悪運を払う言い伝えを継承し、産まれた時に入れ墨を入れるのです。

この手首の2つの点々は、奈緒子と上田が初めて水神家に訪れた日に一族の者を紹介するシーンで「いらっしゃ~い」みたいな仕草をしていた時に確認できるみたいだったので、見直してみちゃいました。

ホントだ!あれは、「いらっしゃい」のふりをした手首見せシーンだったんですね。仕込みが細かすぎて分かりませんでしたよ。

ネタバレ

水神家の庭にバナナの木が生えていたり、赤道スンガイ共和国の看板があったりと、映画『トリック劇場版 ラストステージ』の宣伝入り。冒頭の書道教室シーンやエンドロールでもチラリと映画ネタあり。

その他のゲスト登場人物&キャスト


大橋医師/ケーシー高峰  水神家の主治医。

巡査・武本 幸吉/丸山智己  尾古溝村の駐在所の巡査。

奈緒子をクビにする興行主/ぼんちおさむ

兄弟マジシャン/山上兄弟

御手洗警視総監/大和田伸也 映像出演

コミューンの人/なすび  尾古溝村にある巨根湖(おおねっこ)で「奇跡のミサンガ」を売っている人。1つ5,000円。ミサンガは、できるだけ根元に結ぶ。