ドラマ好きが贈るドラマファンのためのサイト。ドラマ、映画に関する情報や出演する俳優・女優さんの裏話もご紹介

menu

ドラマコレクション

ドラマ「37.5°cの涙」個性的なキャラ(キャスト)と相関図を作ってみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(公式YOUTUBEより)

前回は本の内容をご紹介させて頂きましたが
今回は魅力的なキャラクターを徹底紹介です。

主人公は笑うと顔が引きつってしまう22歳の女の子。
そんな彼女の生い立ちが徐々に明かされるとともに、
今現在も多くの課題が残る育児問題を取り上げた作品です。

以前、「残念な夫」というドラマもリアリティのある家庭問題で話題になりましたが
今回も子を持つ家庭で起こる様々な育児問題をテーマに共感度マックスです。

関連:原作漫画の感想はこちらです

Sponsored Link

もくじ (文字クリックでジャンプ出来ます)

魅力的なキャラ紹介

杉崎桃子(蓮佛美沙子)
病児保育リトルスノーに保育士として勤務する22歳の女の子。
本人は笑ってるつもりだけど実は引きつった顔(変顔)で周りから指摘されることもしばしば。
笑顔が出せないことから別の職場で失敗した経験があり、リトルスノーで心機一転頑張るぞ!という気持ちが前に出ちゃうことも。
憧れの朝比奈さんとの関係に注目です。

 

朝比奈元春(成宮寛貴)
本部マネージャー、妻を亡くし男手一つで女の子を育ててる。
明るく楽観的で桃子のパーソナルスペースにスルリと入るイケメンメガネ男子。
明るい性格なんですが実は打たれ弱い一面も。困ったときは桃子の心強い味方となる。

 

柳主税(藤木直人)
こちらも本部マネージャーで堅物・頑固者、マニュアル重視。
桃子はいっつも怒られますが、朝比奈と対照的な彼がいるからこそリトルスノーの均衡が保たれてるのかもしれない。

 

関めぐみ(水野美紀)
女優の水野さんは原作が巨乳キャラクターということで困惑してますが(笑)、一生懸命頑張ります!とのこと。
先輩保育士の彼女は過去にマニュアルを破ったことでトラブルに巻き込まれた経験があり、今はマニュアル遵守で仕事している。
ちょっと厳し目な桃子の教育担当・・・かな。

 

篠原健介(速水もこみち)
リトルスノーの利用客でシングルファーザー。妻は男を作って家出。
あごひげを生やしたちょいワル兄さん風でちょっと乱暴な言い方に恐恐と対応していた桃子。
一時ではありますがまさか二人がお付き合いするとは・・・。

 

杉崎富美子(浅野温子)
桃子の母親。3人の子供を育てるも、なぜか桃子だけ愛情を注ぐことはなかった・・・、何故??
久しぶりに再開した桃子の頬をビンタするなど親子関係の改善は見られず。

杉崎優樹(水上剣星)
桃子の兄。たまたまリトルスノーを利用したことで桃子と再会。
大人になっても桃子の髪をわし掴みしたり足蹴りする彼もまた謎です??
ふつう、妹にこんなことします?設定がいまいちわからない^^;

 

優美香(トリンドル玲奈)
今のところ原作には登場しないドラマオリジナルキャラ。
親友で幼馴染のイマドキ女子という設定らしい。家族と縁を切った桃子の唯一心許せる存在なのかな。
新しく連載もスタートしますから原作も新キャラの登場があるかもしれませんね。

 

Sponsored Link

「37.5°cの涙」相関図

22歳の新人保育士・杉崎桃子を中心に描かれる人間模様。
病児保育という大きなテーマの中で桃子は同じスタッフに励まされ、
時には上司に怒られ、成長していく・・。

恋愛は?
あこがれの相手、本部マネージャー・朝比奈。
頭ポンポン攻撃に戸惑いながらも彼の優しさに心ときめく桃子。

実は朝比奈も桃子の存在が気になってる様子、
そのまま二人は恋愛に発展と思いきや、
リトルスノーの利用客でシングルファザーの篠原健介の登場で三角関係に。

篠原は撃沈覚悟で告白したら意外にも桃子の返事はOK!!
それを聞いた朝比奈はびっくり仰天。

実は返事に困っていた桃子に朝比奈は、

「自分の気持に正直になりな。」

と、「断ってもいいんだよ」的なアドバイスをしてたんです。
だから意外な結果に

「そっち?!」

てなったのは、朝比奈だけじゃなくて読者もですw
でも男作って出て行った妻が篠原家に戻ってきて家族3人でやり直そうか、
という展開になって、桃子は速攻でフラレることに。

結果オーライといえば結果オーライですね、
ただ、桃子と朝比奈の関係はまだまだ発展しなさそうです。
そう言えば連載がまたスタートしたそうですが、二人の関係に注目したいところです。

 

そして桃子と家族の関係です。
幼少時代から他の兄弟と扱いが違うことに疑問を抱きながらも
改善を期待していましたが変わらず、高校卒業とともに親と縁を切った桃子。

そんな家族と再び再開することになった彼女は
過去と向き合い、呪縛から開放される時は来るのでしょうか。

そんな愛情無しで育てられた彼女の笑い方はちょっと変ですが
病児保育士としてスタッフや利用者家族と関わることで、
少しずつですが変わろうとしている姿に注目です。

まとめ

髪をバッサリ切った主演の蓮佛美沙子さんほか
魅力的なキャストで送るドラマ。
病児保育というテーマで共感間違いなしのイチオシ
夏ドラマです。

関連:原作漫画の感想はこちらです

Sponsored Link

旅行日記

旅に行った時の思い出の写真と体験談を紹介。
あまり綺麗に撮れてないですがよかったら見てください(^_^;)


古都鎌倉のあじさいと食べ歩き
噂のパンケーキを食べたハワイ日記
【2016】アナとエルサのフローズンファンタジーパレード観てきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PR