「ブラックスキャンダル」最終回ネタバレ・結末は超恐怖!黒幕を徹底予想してみました

プラチナイトの新ドラマ『ブラックスキャンダル』のあらすじネタバレや感想を紹介します。

Sponsored Link

ドラマ『ブラックスキャンダル』1話~最終回のあらすじとネタバレ

放送:2018年10月4日(木曜日)よる23:59~(全10回)

5年前の出来事を整理してみよう!

5年前、フローライトの看板女優・藤崎沙羅は週刊誌に見に覚えのない不倫写真を掲載され、釈明会見をしようとしたけど、不倫相手とされる俳優の・棚城健二郎(波岡一喜)が会見の場に突然現れ不倫を認めて謝罪。

沙羅は芸能界を引退し、勅使河原純矢との婚約も解消されフラレてしまった。また、沙羅の母親は自宅に押しかけた報道陣の前で謝罪しながら焼身自殺を図り死亡。

全てを失った沙羅は後輩の阿久津唯菜(松井玲奈)から不倫報道がフローライト社長の勅使河原友和(片岡鶴太郎)、チーフマネージャーの花園由祐子(平岩紙)全日テレビプロデューサーの五色沼仁(袴田吉彦)の3人による捏造だと知らされた。

3人に復讐すると誓った沙羅は顔と声を変え、八神亜梨沙という別人になりすまして、自分が所属していたフローライトにマネージャーとして潜入した。

放送後にどんどん追記していきます!

1話では、五色沼はフローライトに依頼されただけだと言っていました。

2話では健二郎が謝罪会見の見返りに勅使河原社長から1億円の報酬を得ていたことが判明。但し、社長から直接報酬を受け取ったかは不明

1話あらすじネタバレ「枕営業」

オーディションに落ちてばかりのフローライトの新人女優・小嶋夏恋の担当になった亜梨沙。しかし枕営業をしなければ女優をクビになるとチーフマネージャーの花園に言われ、プロデューサーの五色沼と一夜を共にした夏恋。

夏恋の枕営業を知った亜梨沙は報道陣が多く詰めかけた阿久津唯菜主演作品の完成披露試写会のスクリーンに、五色沼の醜態を晒し、枕営業の実態を世間に暴露した。五色沼は地方の関連会社に異動。

しかし復讐はまだ終わらず、亜梨沙は過去に枕営業を強要された女優たちのコメントを動画サイトに配信し続けると、復讐はまだまだ続く。

しかし亜梨沙と五色沼のやり取りを『週刊星流』の記者巻田健吾が影で見ており、二人の様子をカメラに収めて不敵な笑みを浮かべて去っていった。

Sponsored Link

1話の感想

第1話から怖さ全開だった今作。芸能界の闇と言われる「枕営業」をぶった切ったわけですが、亜梨沙の怒りが爆発しましたね。

自分と同じように芸能界から追放するだけでなく、枕営業の被害に遭った女優たちのコメントをアップし続けるわけですから、一生怯えて暮らしていくことに。

第1話から恐ろしい復讐劇が始まりましたが、ラストで「んふふふふ」と不敵な笑みを浮かべながらのカメラ目線の山口紗弥加さんが怖かった・・・。

また1話は袴田吉彦さんの「あぱ~」という体を張った演技や「やらないと意味ないよ」というアメフトを思わせるセリフに「1話からせめてるな~」というコメントが散見。

2話のあらすじ「覚せい剤」

2話は、5年前にありもしない不倫を認めて亜梨沙を地獄に突き落とした棚城健二郎が復讐のターゲット。亜梨沙は健二郎があたかも覚せい剤を使用しているかのような音声テープを捏造し、健二郎の父親・棚城正則に息子の覚せい剤使用を認めさせた。

亜梨沙は健二郎を引退させないと親子共々道連れにすると脅し、やむなく息子の芸能界引退会見を父親が代理で行い。健二郎は芸能界引退と覚せい剤使用で逮捕された。

2話の感想

健二郎は不倫を認める代わりに勅使河原社長から1億円の報酬を受け取り、そして父親の正則が経営する個人事務所にフローライトから仕事を流してもらっていました。息子のおかげで事務所を潰さずに済みましたが父親の前で横柄な態度を取る勘違い息子も困ったものです。2話は覚醒剤でしたが、次週は「アイドルの妊娠」。しかも相手はマネですからね、アイツ消されるぞw

Sponsored Link

亜梨沙の名言集まとめてみました【随時更新】

1話

芸能界は口だけ性欲バカがいるから腐っていくんだ、この蛆虫野郎!

2話

いつまでたっても親のスネとコネから卒業できない無様な中年反抗期

各話共通

一滴残らず地球上から干されて消えて

次のページは最終回ネタバレ予想です(結末は相当なイヤミスに?)