ドラマ好きが贈るドラマファンのためのサイト。ドラマ、映画に関する情報や出演する俳優・女優さんの裏話もご紹介

menu

ドラマコレクション

詳しく解説「パイレーツ・オブ・カリビアン・デッドマンズ・チェスト」あらすじと感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本では2006年7月に公開されたシリーズ2作目です。

デッドマンズ・チェストのあらすじ

カトラー・ベケット卿に結婚式を台無しにされて、泣き崩れるエリザベス・スワン

ジャック・スパロウを逃した罪でエリザベス・スワンとウィル・ターナー、そして退役したノリントンに逮捕状が出てしまう。死刑を宣告されたウィルだが、ペケット卿がジャックのコンパスを回収してこればウィルとエリザベスの死刑を帳消しにしてくれるという。

Sponsored Link

一方、ジャックはカギのイラストが描かれた古い布を入手していた。このカギでどんな箱が開けられるのか?そんなジャックにウィルの父親であるビル・ターナーデイビージョーンズの使いとして現れた。

ビル・ターナー
ブラックパール号の元乗組員。バルボッサの反乱を強く避難したため、海の底に沈められてしまった。アステカの呪いにかかっていたので死ぬことも出来ず、デイビージョーンズに助けを求めた結果、変わり果てた姿でジョーンズが船長を務めるフライングダッチマン号で強制労働させられている。

その昔、ジャックはデイビージョーンズにブラックパール号を海の底から引き上げてもらったがその恩を返しておらず、そのままにすれば海の怪物クラーケンに殺されるとビル・ターナーは警告に来たのだ。この時、ジャックは手に黒いシミを付けられる。クラーケンはそのシミをターゲットにする。

(デイビージョーンズ)

ウィルはジャックを探しにまずはトルトゥーガに向かい聞き込みを開始した。すると、とある島に黒い船があるという情報を得たので、その島へ上陸。まさにあのブラックパール号がそこにあったのだ。

一方、エリザベスは牢屋から抜け出し、単身ウィルを探す旅に出る。

島ではジャック率いる海賊たちが原住民に捕らえられていたが島に足を踏み入れたウィルもまた捕まってしまう。

断崖絶壁の渓谷で吊るされたカゴの中に数人が入り全員が力を合わせて振り子の要領でかごを揺らして壁につかまりよじ登るシーンや、カゴの中に入ったまま、足だけを出して走り回る爆笑シーンなど本編とは関係ないこの島でのアクションは見応え充分。

ウィルも仲間に加わり、不気味な占い師の所へやってきたジャックたち。ティア・ダルマという謎の女性に布に描かれた鍵について聞く。

彼女いわく、布に描かれた鍵で開けられる箱はジャックが持っているコンパスが場所を示してくれるという。

彼女に全てを見透かされて動揺を隠せないジャックではあったが彼女のお陰で鍵の在り処がわかり、フライングダッチマン号を探すために出航した。今回の冒険でジャックの7つ道具とも言えるコンパスが言うことをきかない。望んだ場所を指し示すというこのコンパスだが、クラーケンに狙われ、死の恐怖から自分が何を望んでいるのかあまりわかっていないのかもしれない。ティア・ダルマはそんなジャックの心情を全て見透かしていた。

フライングダッチマン号を発見し、ウィルは単身乗り込んだがデイビージョーンズに捕らえられてしまう。自分の身代わりとしてデイビージョーンズのもとに送り出したジャック。しかし、ジョーンズいわく、彼1人では足らず、あと99人連れてこいという。

人集めにトルトゥーガに向かったジャックたち。そこは変わり果てたノリントン元提督とウィルを探していたエリザベスの姿もあった。

あれだけ言うことを聞かなかったコンパスは、エリザベスが持つと「箱」のありかをしっかりと指し示していた。とある島にたどり着いた一行はデイビージョーンズの心臓が入っていると言われる箱を見つけ出すことが出来た。

しかしジョーンズ率いる半魚人達も島に到着して箱の奪い合いが始まった。ジャックが箱の中に入っているジョーンズの心臓を取り出し、ティア・ダルマから受け取った砂入りの瓶に入れてボートに置いていたが、ノリントンがそれを盗み出してしまう。

ノリントンは自身の名誉回復と人生の立て直しを図るため、ジョーンズの心臓をベケット卿に献上したのだ。

島を出たジャックたちはフライングダッチマン号に襲撃され逃げ延びたが、今度はクラーケンが彼らを襲う。

しかしクラーケンの標的はジャック1人。エリザベスはジャックを船のマストつなぎ、彼を置き去りにしてしまった。皆には「自分が犠牲になるから残る」と言っていたと報告し、ギブスたちはボートで避難することに。

1人残されたジャックのもとに再びクラーケンが登場。大きな口を開けてジャックに襲いかかり、口の中に飲み込まれてしまった。

一行は再び占い師ティア・ダルマの所に行くとジャックを救う方法があると聞かされる

世界の果ての呪われし海に挑むにはよく知っている船長が必要。そこで登場したのがバルボッサ。彼はジャックに撃たれたはずなのにどうして?

エンドロール後の映像

鍵を咥えたワンちゃんを覚えているでしょうか?あのワンちゃんは、シリーズで幾度となく登場しますが、原住民につかまり、族長となっているシーンが最後に映し出されています。ということは最後に生贄になってしまう?と思いますが、実は第4部に再登場するんです。

Sponsored Link

デッドマンズ・チェストの感想

第1部の流れでウィルとエリザベスは結婚を許されたのでしょう。しかし結婚式の日に、ベケット卿にメチャクチャにされて放心状態のエリザベスのシーンから始まる第2部。

ジャックはクラーケンの恐怖から逃れるために、ウィルを1人でジョーンズに向かわせた。そんなジャックに腹を立てたエリザベスが仕返しをしたのだけど・・・。クラーケンに飲み込まれ、ジャックが死んでしまった事実に直面すると、後悔の念に押しつぶされそうになる彼女。一人が犠牲になり、他の皆が助かるなら賢い選択?ではありますが、第2部、第3部をまたいで彼女の苦悩が描かれます。

ストーリー的には主役の死で終わってしまうので、非常に気になるラストですが、第3部では結局死んだわけでないことがわかる(笑)。

海賊の話と言ってもファンタジー要素も強い今作。実在した人物も登場するなど海賊大好き人間にはたまらないシリーズですね。

パイレーツ・オブ・カリビアンのまとめページに戻る

Sponsored Link


旅行日記

旅に行った時の思い出の写真と体験談を紹介。
あまり綺麗に撮れてないですがよかったら見てください(^_^;)


古都鎌倉のあじさいと食べ歩き
噂のパンケーキを食べたハワイ日記
大混雑!新東名「岡崎サービスエリア」に行ってみた・フードコード徹底紹介
【2016】アナとエルサのフローズンファンタジーパレード観てきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PR