ドラマ好きが贈るドラマファンのためのサイト。ドラマ、映画に関する情報や出演する俳優・女優さんの裏話もご紹介

menu

ドラマコレクション

「恋は雨上がりのように」が炎上してしまった3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年3月まで、約4年間連載してきた「恋は雨上がりのように」が終了したわけですが、中途半端な終わり方で少々ざわついてますね。

女子高校生が45歳のおっさんに恋をする。この片思いが上手く行けばいいのに・・・という淡い期待は置いといて、まあ恋愛に発展しないだろうと冷静に読んでいた読者も多いハズですが、まさかこうもアッサリと、そして読者に丸投げで終わってしまうとは夢にも思わず、ショックだったという人もいることでしょう。

ということで今回は、炎上理由についてと、皆さんの冴え渡る考察をまとめてみました。

Sponsored Link

炎上理由その1「アッサリと終わった二人の恋」

胸が苦しくなるほど店長の事が好きだった彼女。初詣の日に「店長の家に戻りましょう!」と言った時の彼女の嬉しそうな笑顔。「帰りたくない!」と頑なに言い続けた彼女。1年間思い続け、そして今でもたまらなく店長のことが好きなんだと分かる彼女の言動の数々。

それなのにアッサリと店長の一言で引き下がり、主人公の片想いは終わってしまったのです。二人の恋が成就しないのは想定内ですが、もう少し深みのある終わり方が出来なかったのかな?と思います。

主人公が想い続けた1年間は何だったのか。魔法にかかっていただけなのか?ただ雨宿りをしていただけなのか?

確かに、1年間ただ想い続けただけではなく、親友の喜屋武やライバルの登場、バイト仲間の西田さんとの関わりで心が揺れ動いていた1年間だったと思います。

そういった意味ではラストの「走りたい」という彼女の一言は重みを感じますが、呆気ない感が否めない。

 

炎上理由その2「回収無く投げっぱなし」

サブキャラのその後はどうなったの?」

そう感じた方も多いハズ。親友の喜屋武と山本先輩の恋の行方。ファミレス「ガーデン」の学生バイト加瀬くんと腹違いの姉の関係。吉澤タカシに告白した西田ユイはフラれましたが、思わせぶりなシーン(吉澤の祖母宅)はなんだったのか?(高校生同士の恋愛もハッピーエンドにさせないのか?)

そして17歳の売れっ子小説家が登場したけど意味はあるのか?などなど・・・回収無く見事に放置されたまま終わってしまったので、主人公の恋よりもこちらのほうが気になったよ、と言う人も多いと思います。

 

ご想像におまかせ?私が気になった2つのこと

1、別れ際の最後、あきらが「また、ガーデンで」と言いましたが、店長はなにか言ってるのですが記載なし。「橘さんはガーデンに来る必要はないんだよ」とか「バイトしている時間はないんじゃない?」みたいなことを言っていたのでしょうか?

どちらにしても、あきらはガーデンを辞めてしまったので、上記のようなことを言っていたかもしれません。

2、そしてもう一つ、あきらから貰った手紙。店長は結局読んでいないので、何が書かれていたのかわからないままです。

店長は「読まずにいる」ではなく「読めずにいる」と言っているので、まだ未練があるような言い方ですよね。

彼女のアプローチを冷静に交わしていた店長は自制心の塊だな~、なんて思っていましたが、やっぱり異性に好かれていたこと、そして自分も好きになってしまったこと、それを思い出として残すと言うよりも、我慢しすぎて、感情を捨てきれていないのかな?という印象でした。

「ご想像におまかせします」的な感じだと思いますが、あなたはどう思いましたか?

 

炎上理由その3「作者が燃料投下w」

連載終わってファンがjkとおっさんのその後について語ってたところに
作者が「おっさんのことは忘れるぞ」とか言ってさらに炎上(引用:http://2ch.sc/)

上記は2chの書き込みですが、どうやら作者がさらに燃料を投下してしまったらしく、炎は燃え上がるばかり。

しかも連載が終わってすぐに作者はブログを閉鎖して逃亡。もうこれ以上は何も言わないでくれ、ということでしょうか。後味の悪い終わり方になってしまいましたね。

Sponsored Link

かなりデリケートなテーマであることは確か

女子高生が45歳のおっさんに恋をする。ただそれだけなら良いですが、このご時世で恋愛に発展させて良いのかどうか、と言うところですよね。

「数年後・・・」というシーンを作ればなんとでもなりますが(笑)、主人公が高校生のままだとちょっと問題です。だからこそ作者は店長を自制心の塊みたいな設定にしたと思います。どちらにしてもその作者は何を描きたかったかと言うと、インタビューでこんなことを言ってたんです。

タイトルにも「恋」が入ってますし、パッと見は恋愛マンガのようですが……17歳のあきらという女の子の生活すべてを描きたいという思いがあるんです。(引用:このマンガがすごい!WEB)

「恋愛マンガのようですが・・・、」と言ってるので、恋愛マンガと言うよりも17歳の女の子の等身大を描いた青春マンガなんですよね。

でも、スピリッツという青年コミックに連載していたので、”高校生に好かれる”設定に憧れる世の男性達が”片思い”に重点をおいて読んでいた。

だからラストのアッサリ感に拍子抜けしてしまい、作者の逃亡で更に炎上という形になってしまったのかな、と(笑)

どう終わらせるのがベストなのか、着地点が難しいテーマなので、どんな終わり方でも言われそうな気もしますけどね。

関連記事:「恋は雨上がりのように」あらすじはこちら

Sponsored Link

おすすめ記事

【誰が買うんだコレwww】楽天で売ってる変なもの&超高額(10億)なもの特集

【高額バイト特集】本当に簡単な仕事・ちょっと変わった仕事など

【答えあり】アナタは解ける?これが分かるとIQ150らしい(笑)

【悔しいwww】70%の人が引っかかってしまう問題集めてみました

【クッソワロタ&ジワるw】ついついリツイートしたくなる1万超えのつぶやき集

【伝説の不倫復讐劇】間男と汚嫁に住宅ローン&慰謝料の地獄を味わってもらう(前編)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PR