ドラマ「黄昏流星群」1話あらすじネタバレ視聴率!思わず素直になれた恋

主人公・瀧沢完治(佐々木蔵之介)は、勤続28年の若葉銀行新宿支店長。出世優先、不倫はありえないはずだったが・・・。左遷をきっかけに恋を見付けてしまった男の『黄昏流星群』1話~最終回のあらすじネタバレや感想を随時更新しながら載せていきたいと思います。

Sponsored Link

2018ドラマ『黄昏流星群』1話~最終回のあらすじ・ネタバレ

放送:2018年10月11日START 毎週木曜よる22:00~

ここからはネタバレに関する記述があります。

1話~最終回のあらすじ・ネタバレ

最終回まで随時更新しますので、また覗いてくださいね♪

1話のあらすじ

※1話だけ長めあらすじを書いています。

物語の始まりは、左遷とスイス

満員電車で出勤する瀧沢完治(佐々木蔵之介)は、バブル崩壊の金融危機を乗り越え、若葉銀行で28年働く銀行マン。その仕事が認められ、今は若葉銀行新宿支店長に上り詰めていた。

定年まで後10年。ついに栄転かと人事異動を楽しみにしていたが、笑顔の上司に言い渡されたのは出向、つまり左遷の話だった。酷く落ち込む完治は小さな居酒屋でヤケ酒を飲むが乱れた心は収まらない。

グラスの中に残された大きな山型氷から連想したマッターホルンに登るため、突然スイスに旅立つのだった。

妻は不安に堕ちていく

完治は、まるで仕事中毒のように残業や休日出勤で忙しく過ごし、夫婦や家族でゆっくり会話する時間がない。そんな完治のことを不倫じゃないかとおちょくる親しい友人の言葉に、完治の妻・真璃子(中山美穂)は不安になってしまう。

今までは、夫の留守が多い寂しさを娘を育てることで埋めてきたが、娘が結婚して出ていくのも近いかもしれない。何かを隠してそうなのに何も話してくれない夫に不安が募る。

出世のために不倫はしないと思っていたが

不倫は銀行ではご法度、一発アウト!

左遷の件でショックを受けている完治を気遣うように「今夜飲みませんか?」と言う若くてきれいな女子社員の誘いは即断ったが、スイスの猛吹雪の中で出会った同年代の素敵な女性・目黒栞(黒木瞳)に心をときめかせてしまう。

猛吹雪で視界は真っ白、雪まみれな状況に思わず笑みがこぼれるふたりは、偶然同じホテルに泊まっていた。一緒に食事をしながら登山の話をするうちに、完治は家族には言えなかった左遷の話を簡単に栞に話せたことに驚き、知的で心に響く言葉をくれる栞と良い雰囲気に。

意気投合してスイスの夜を楽しむ栞をお酒の続きはいかがですかと部屋に誘った完治は、ちょっとしたきっかでキスをしてしまうがハッキリと拒絶される。そして、彼女は完治の前から消えてしまうのだった。

再会は突然訪れた

妻には出張でスイスに行くと言って旅立っていた完治。それが嘘だと家族に知られて、浮気じゃないの?と疑う娘に問い詰められると、仕事のストレスを発散しに1人でスイスに行って来たとごまかして、また左遷のことを言い出せなかった。

妻の真璃子は責めはしないが顔が曇り、娘には私に恥かかせないでよ!と釘を刺される。家では娘に責められ、会社に行っても肩身が狭い。もう一度、スイスで出会った女性に会いたかった。ありがとうと言いたかった。

すると、小さな食堂でまさかの再会!なんと栞は、その食堂で働いていたのだ。

この後は、感想!

Sponsored Link

1話の感想

美しいスイスの景色と心に響くBGMで始まった、黄昏流星群。平井堅さんの歌はヤバイです、曲だけで雰囲気たっぷりじゃないですかっ。

満員電車とか、ショック後に無表情で飲みに行くとか、1人にだけポロっと本音が言えちゃったとか、ところどころ『けもなれ』との共通点があったのでびっくりしながらニヤニヤしちゃいました。(こういう偶然嫌いじゃない)

原作はさらっと読んだだけですが、どんなふうにアレンジされちゃうのかと思ったら、キャストに違和感もなく、きれいめの演出で変にいやらしくなくてGOOD、今のところ。登場人物のスマートさと暗過ぎない雰囲気が、生々しさを抑えているように思えました。

テンポは良過ぎるほどトントン進みスピード展開、キスや再会が次々と描かれて中だるみなく1話を見終わりました。原作は男性向けだと思ったけど、ドラマは女性向けなのかなという印象。実際のターゲットは主人公夫婦世代の男女なのかしら。

ツイッターの反応

とりあえずスイスと雨のCG合成感は不満多し・・・

  • 平井堅の歌が最高
  • 倉之助さんが好きで見てます
  • 流星くんにドキドキ
  • 女優が豪華
  • 黒木瞳が可愛過ぎる(若い)
  • 視聴率悪そう
  • 続きが気になる、ハマるかも

1話まとめ

原作の漫画でいうところの2話分が、ドラマの1話で消化しました。今後は大人の秘密の恋が始まっていくので、ゆっくりじっくりと描かれていくことでしょう。

次回2話はオリジナル要素、完治の妻・真璃子(中山美穂)と娘の恋人・日野春輝(藤井流星)の出会いが描かれます。これまた映像美で責めてきてますね。若い春輝がどんな理由で「彼女の母親」に惹かれていくのかと、完治の部下・篠田薫(本仮屋ユイカ)がどんな風に絡んでくるのかが気になります。