ドラマ好きが贈るドラマファンのためのサイト。ドラマ、映画に関する情報や出演する俳優・女優さんの裏話もご紹介

menu

ドラマコレクション

問題作「わたしを離さないで」原作徹底紹介!ネタバレあらすじ&感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

複雑な三角関係

キャシーは何故ルースのような扱い辛い性格の子と付き合っていたのでしょうか。
出来ないことをあたかも出来るような素振りを見せたり、
怒らせると陰湿ないじめをしたり、先生から贔屓目で見られているのよ、といういやらしい立ち振舞い。
今言ったことは子供時代のルースのことなんですけどね。
大人になっても読んでいる本のあらすじをバラしたり、
傷つくことを平気で口に出していってしまったり・・・。
二人はしょっちゅう喧嘩ばかりしていたような気がします。

そしてトミーへの態度。
いじめられっ子のトミーは男子からよくからかわれて
癇癪を起こしていましたが、ルースがその様子をどんな目で見ていたのか想像できるでしょう。

あのキャシーでさえ皆がいるところでトミーと話すのは恥ずかしいと
思ったときがあったようですが、それでも彼のことを心配していたのは事実です。

そんなルースとトミーがカップルになったのは意外ですが
実はキャシーとトミーの邪魔をしたいだけだった、という事実がわかったらどうしますか。

トミーとルースはヘールシャム時代に破局して
卒業ギリギリでヨリを戻していますが、
これはルースが卒業後に孤独になることを恐れていたからだと思っています。
どちらにしても長年二人の間を裂いていたことの罪は非常に重く、
本人も後に「許してもらおうとは思わない。だから私がダメにした二人を取り戻して欲しい」
そんなことをルースが言っていましたが、さすがに遅すぎます。
ルースもそうですがトミーは臓器提供を開始していて体力も衰え、そんなに時間はありません。
本当にこんなギリギリになってそんなこと言われても・・・という感じですよね。

しかしどこで入手してきたのか、ルースはマダムの住所をキャシーに手渡して
ぜひ会って来て欲しいとお願いするのです。
なぜマダムの住所なのかはこの後に説明しますね。

Sponsored Link

臓器提供が猶予されるってホントなの?

提供者がカップルになれば
臓器提供が数年間猶予され、その間は二人で暮らすことが出来るらしい。

で、以前にお話をさせていただいたルーシー先生とトミーの事が関係してくるのです。
二人はどうやって愛し合っていることを証明するのか?
トミーは自分たちが描いた絵から作者の魂を読み取り、愛し合っているか証明できる、
という突拍子もない考えを思いついたのです。本当に突拍子もない考えです。

でもキャシーは使命を終えたルースの願い、
そしてトミーの考えに賛同してマダムに会いに行ったのです。

キャシーは分かっていたのでしょう、猶予なんて噂でしか無いことを。
案の定厳しい現実を突きつけられ、呆然とするトミー。
僕たちは些細なしあわせも手に入れることができないのか。

ルーシー先生のアドバイスで癇癪は無くなったトミーですが
帰りの道中で車から降りて泣き叫んだのは言うまでもありません。

トミー、もう我慢しなくていいんだよ。

そんな気持ちで彼をギュッと抱きしめるキャシー。
この物語の中で一番つらいシーンがここでした。

Sponsored Link

読み終えて感じたこと

臓器提供をするためにクローン人間を作ることは論外ですが
この物語は前提のお話ですから、ヘールシャムが悪という感じではありません。
一応物語に出てくるクローン人間を育てる劣悪な施設があり、
そのような施設とは全く異なり人間らしく育てる事を方針としています。

ですからクローン人間の是非はともかくとして
ヘールシャムの責任者であったエミリ先生、支援者であるマダムは
改善を試みたということになります。

それでも閉鎖に追い込まれてしまったのは、
ある種の危機感であり、クローン人間に支配されてしまうかもしれないという
まさに人間らしい考え方で幕を閉じたのです。

そして小説の表紙に描かれているカセットテープ。
キャシーはヘールシャム時代に紛失してしまいますが
ノーフォークという街を訪れた時に中古ショップで見つけています。

ノーフォークは国中の落し物が集まる場所と言われていますから
まさに数年越しの落し物が見つかったのです。

また、トミーが提供を終えて亡くなった後、
特に用事もないのにノーフォークを訪れたキャシー。

幼い頃から失い続けたものがあるかもしれないと、
目を閉じて空想に浸っていると、目の前にトミーの姿が現れ
彼女の頬からは止めどもなく涙が溢れてくるのです。

彼女は失ったものをそっと拾い上げて
しっかりと胸にしまい込む事ができたのでしょうか。

 

小説の結末は?

耕された土地が延々と続く広大な大地で
1人佇むキャシー。
空想の世界で手を振る笑顔のトミーが現れて
止めどもなく涙が溢れてくるのです。
しかしいつまでも泣いていられません、
最後に
「行くべきところへ向かって出発しました」
という言葉で小説は締めくくられていますが、
彼女が向かった先は一体どこなのでしょうか?

実は映画では、彼女にも提供の知らせが来た
という流れになっていますので、
彼女もまた変えられない運命に従った思うのが自然でしょうね。

Sponsored Link

関連:映画の感想はこちら

ドラマのロケ地情報はこちら

「わたしを離さないで」豪華なキャスト達

保科恭子(キャシー・H)綾瀬はるか
たまに空想にひたることがある可愛らしい女の子。読書好きで頭がよく、別け隔てなく誰とでも付き合える優しい子。
ルースの意地悪に対抗してギャフンと言わせたことがあり、女同士の熱い戦いも今作の見どころの1つかも知れない。
ドラマでは綾瀬はるかさんが演じるようですが、目を細めて遠くを見つめる表情とかやってもらいたいですね。

酒井美和(ルース)水川あさみ
上からマリコならぬ上からルースと言いましょうか、常に優位に立っていないと気がすまず、そして孤独を誰よりも恐れている扱いにくい女の子。
彼女の取扱説明書を持っているのはキャシーだけでしょうね。主人公の短い人生を大きく左右する存在です。

土井友彦(トミー)三浦春馬
思い通りにいかないとキレる男の子。だからみんなに嫌われるんですが、それでも心配そうに見つめるキャシーが可愛らしくてたまりません。
もしトミーとキャシーが付き合っていたら・・・と考えると悲しくなる物語です。

神川恵美子(エミリ先生)麻生祐未
クローンの子供たちは人と同じ。だから人間らしく尊厳を守りながら育てなければいけない。
そんな思想でヘールシャムを設立して健やかに子供たちを育てているのです。

堀江龍子(ルーシー先生)伊藤歩
子供たちに「将来は夢も希望もない」「臓器提供だけです」と真実を打ち明けますが、はたしてそれが正しいのかどうか。
彼女の行動は意見が真っ二つに分かれると思います。ただ、彼女は子供たちのことを思って、という優しい気持ちも踏まえるとほんとうに難しい問題になってきます。

マダム・真飛聖
エミリ先生に賛同した人物。しかし子供たちに対する態度はどこか冷たくよそよそしい。それは子供にもハッキリと伝わっているようです。
ですが彼女の本心はそんな冷酷な人では無さそうです。

 

カズオ・イシグロさんのその他の作品

「日の名残り」を読んでみました

「浮世の画家」を読んでみました

ページ:
1

2

Sponsored Link

旅行日記

旅に行った時の思い出の写真と体験談を紹介。
あまり綺麗に撮れてないですがよかったら見てください(^_^;)


古都鎌倉のあじさいと食べ歩き
噂のパンケーキを食べたハワイ日記
【2016】アナとエルサのフローズンファンタジーパレード観てきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (19)

    • ドラマっ子
    • 2015年 12月 28日

    ロケ地情報を別ページで追加しました。
    都内での撮影の他に栃木県にある宇都宮大学の講堂が利用されたり
    順調に撮影は進んでいるようですね。

    そう言えば主演の綾瀬はるかさんがわざわざイギリスへ出向いて
    作家のカズオ・イシグロ氏と対談したんだとか。
    しかも通訳がいたんですが、ほとんど英語を聞き取って相槌をうっていた綾瀬さん。
    恐るべしホンワカ女優です(笑)

    • 匿名
    • 2016年 3月 01日

    初めまして

    1ページ目では、「親友のルーシー、そしてトミー。」
    2ページ目で突然出てきた『ルース』って誰?
    更にルーシー先生?親友は先生?

    ただでさえ、このドラマ、なんだかよくわからなくて検索かけて、ここを見てますます混乱。
    原作読んだら理解できるのかな?

      • ドラマっ子
      • 2016年 3月 01日

      ごめんなさいね、混乱させてしまいましたね^^;
      1ページは私が間違って記載してしまいました。
      親友はルース(水川あさみ)、そして先生はルーシー先生(伊藤歩)です。
      原作は良いですよ、おすすめです。

    • 2016年 3月 04日

    ×→永遠と
    ○→延々と

      • ドラマっ子
      • 2016年 3月 05日

      コメントとご指摘ありがとうございます。
      ご指摘の通りに訂正しました。

    • 匿名
    • 2016年 3月 04日

    直感的に殆ど見て無いけど糞だな

      • むらペン
      • 2016年 3月 10日

      きちんと見ていないと理解は難しいです。薄っぺらじゃない内容ですから。

    • すえ
    • 2016年 3月 05日

    初めまして、

    綾瀬はるかさんのドラマを見終わって原作が気になりこちらに辿りつきました。
    ドラマっ子さんの解説や紹介とても分かりやすくってとても参考になりました!
    とても深く切なく悲しいけれど心に響く作品ですね。

      • ドラマっ子
      • 2016年 3月 05日

      コメントありがとうございます。
      とても悲しい物語ですね、ハッピーエンドじゃないけど、ここまで心に揺さぶりをかけてくる物語は久しぶりでした。

    • むらペン
    • 2016年 3月 10日

    あらすじまとめありがとうございます。 ドラマ見始めはいったいなんでこんなドラマを週末にやるのか?見たくないけど気になるので見続けて、やっと自分なりの理解が出来た気がします。絶望の中にも絶対に一つは希望はある、血がつながらないけど家族の絆がある、お互いが親、子供、親友になれる。濃い繋がり。思い出をちゃんと持って死んで行ける。この番組が言いたいことはしではなく絆なのではと思っています。 初めて綾瀬はるかさんのドラマ見たのですが演技派ですね。紅白の司会しか見たことがないので間抜けな人と思い込んでいました。でも途中CMがギャップでちょっとドラマの邪魔な気がします。最後まで辛いけど見続けようと思います。

      • ドラマっ子
      • 2016年 3月 10日

      コメントありがとうございます。
      本当に考えさせられる作品だと思います。
      綾瀬はるかさんは普段天然なんて言われてますが、作品の中ではやっぱり女優さんなんだなあと思います。
      そのギャップも良いんですけどね。
      今作もしっかりと最後まで観たいと思います。

    • 匿名
    • 2016年 3月 12日

    恭子にも提供開始の通知が来る展開は定番だけど、テレビ版はせめてそうじゃない方向に行ってほしかったんだけど。

    • キッタ
    • 2016年 3月 18日

    初めまして。今日、最終回を初めて見ました。テレビを付けたら入っていた、というだけです。そして、三浦春馬が病人っぽく綾瀬はるかが介護…ん?前にも同じようなドラマがあったが春馬はまた同じような役を?と思ってスマホであらすじを調べようとこちらにたどり着きました。こちらの説明を読みながら時々テレビに目をやる。どんどんスマホの中のドラマに入り込んで行き、キャシーは綾瀬はるかさんね、トミーは春馬さんね、と徐々に理解し、ストーリーと情感が分かってくると色んな思いがめぐり、かなり深く、面白いドラマだな、と思いました。考えさせられましたが最初から見たかった。ありがとうございました(^^)

    • むらペン
    • 2016年 3月 19日

    最終回、怖くてリアル体で見られななかったです・・・。明日見ますね。

    • おか
    • 2016年 3月 21日

    こちらの解説、とても分かりやすくて面白くて思わず惹き込まれてしまいました。
    ドラマのキャスト陣の方々が演じているキャラクターが、こちらの記事の人物像とドンピシャで、皆さんさすがだなぁという感じです。
    ただ、恭子とキャシーを比べてみた場合、恭子のほうがキャシーよりも割と大人しめかな?という印象を受けました。劇中、美和が恭子にどんなに意地悪を仕掛けても、恭子は一度も美和に怒らなかったし、食ってかかることも決してありませんでしたから。そこは綾瀬はるかなりの恭子像なのでしょうか。。
    ドラマを見終わった今、とても原作に興味が湧いています!一度読んでみようかな٩(。•ㅂ•。)و

      • ドラマっ子
      • 2016年 3月 21日

      コメントありがとうございます。
      確かにドラマの主人公は大人しいし性格が読みづらかった面もあるのかなと思います。
      原作はとても読みやすいですよ、オススメします。

    • むらペン
    • 2016年 3月 21日

    ドラマっ子様

    色々参考になりました。悲しいけど、記憶、出来事が大切な宝物だと感じました。ありがとうございました。

      • ドラマっ子
      • 2016年 3月 23日

      むらペンさま、
      いつもコメントありがとうございます。
      今回、ドラマを放送してくれたおかげで原作小説を読むきっかけとなり、すばらしい作品に出会うことが出来てわたしも嬉しく思います。

    • ドラマっ子
    • 2017年 10月 05日

    コメント欄より失礼します。
    2017年10月5日、著者のカズオ・イシグロさんがノーベル文学賞を受賞されました!
    2016年にドラマが放送されるということで、気になって本を読みましたが、これがまた凄いストーリーで一気に読んでしまったことを今でも記憶に残っています。

    主演が綾瀬はるかさんだったこともあり、観たという人も多いと思いますが、
    実は視聴率的にはそこまで伸びなかったんですよね。
    私としては、すごくいいドラマだったんじゃないかと思います。

    また、この作品は海外で映画化されているので、そちらもオススメです。

PR