ラブコメ漫画「逃げるは恥だが役に立つ」のあらすじと感想をご紹介

menu

ドラマコレクション

仕事?恋愛?「逃げるは恥だが役に立つ」の感想・読み手でガラッと変わる面白さ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実はこっちも面白い!百合ちゃんと風見の歳の差ラブストーリー

メインの二人は6巻から恋愛的には落ち着きますので
入れ替わりというわけじゃないですが、百合ちゃんと風見の関係がクローズアップされて、またまた恋愛のドキドキ感が味わえます。

親子ほど離れた二人ですから、恋愛なんてあるわけないよな~
なんて始めの頃は思っていましたが、話を重ねる毎に「まさかね~、ホントに?!」
みたいな感じでちょっと期待出来る展開になってきました(笑)

ということでここからは彼らのお話をご紹介していきたいと思いま~す♪

Sponsored Link

イケメンに偏見がある伯母さん

土屋百合はミクリの伯母さんで「おばさん」と呼ぶとイラッとする、気もちはまだまだ若い彼女。
年齢は52歳、イケメン嫌いで風見に対する態度もどこか冷たい感じ。

「何よ!イケメンのくせに!」(笑)

彼女の偏見もどうかと思いますが、
冷たくされても動じない、むしろ冷静に対応する風見が外見以上にかっこ良かったりするわけです。

風見は津崎と同じ会社に勤めるエンジニアでまだ20代の若手社員。
モテるんだけど結婚には消極的な考えで本人なりに自分の人生を模索してるんですけどね。

さて、
百合ちゃんが毛嫌いしているのになんで二人が関わるようになったのかは
これまでの説明で触れたかもしれませんが、
ミクリ達に紹介する予定だった賃貸を風見が借りることになり
百合ちゃんが大家代理になったのだ。
(知り合いの大家が海外へ行ってしまったため)

だからお互いに連絡先を交換したりして
住むところも同じ街になったので偶然街でバッタリなんてこともあるわけです。

 

風見くん、ミクリに手を出したら承知しないよ!

津崎とミクリが籍を入れていない仮面夫婦だと気づいた風見。
結婚にメリットを感じていない風見は彼らの関係に興味が湧いたわけです。

「ボクもミクリさんに家事をお願いしようかな」

というわけでミクリは風見宅も家事サービスを開始したのですが
運悪く百合ちゃんにバレちゃったんだよね~。

津崎とミクリの仮面夫婦はバレてないんだけど
風見宅へバイトに行くのはどうなの~?と伯母的に思うわけです。

しかも風見くんと来たら
「ミクリさんのことは好きですよ。」

なんて言っちゃうもんだから、百合ちゃんは
「は?!(怒)」
ちょっかい出したら承知しないからね!!
という感じになったのですが、皆さんご安心を。
風見くんは、ミクリに手を出すような人ではありませんから。

素直な人柄、そして仕事をテキパキとこなす女性を素直に好きと言っただけ。

なんだかんだ百合ちゃんが心配するようなことは無いんですが
なんせイケメンですからね、油断大敵と思っているのは確かです。

 

ボクのこと見直しましたか?

風見の引越し先が百合ちゃんの住まいに近いことはご紹介しましたね。
ある日、彼女がカギを何処かで落としてしまい、
1人で探しているのを風見が目撃して、一緒に探してくれるという。

「1人じゃ心細いですよね?」
という彼の優しさに触れた彼女。
しかも機転を利かした風見が交番を訪ねたらカギが届けられていました。

ホッとした彼女は素直に彼にお礼を言ったのですが
この時の会話がなかなか興味深い。

彼女は”イケメン”が嫌いですが、
実は自分が若い頃、美人でモテたけど一部の男から理不尽な嫌われ方をした経験がある。

でもそれって今自分が風見にやってることでしょ?
「イケメンだから」「美人だから」という理由で
「どうせ周りからちあほやされてるんでしょ?」
と、一部の異性に嫌われる共通点が二人にある事がわかった1日でした。

まあ、なんだかんだカギを探してくれた風見に
後日、食事を奢った百合さんですが、
この時はまだまだ男女を意識するような仲ではありません。でも良い飲み仲間になっただけでも大きな進展かもしれませんね。

 

百合さんの見合い、そして見事に振られる

ある日、仕事でお世話になっている人からお見合いの話が舞い込み
しかも相手はなんとバツイチ子持ちの40代の男性。

断るわけにもいかず、お見合いデートをしたんですが
相手に断られ、後日談で彼は若い女性と結婚しちゃったとか。

百合ちゃん的に同世代の人と結婚したなら素直に祝福するけど
若い人を選ぶなんて、男ってやっぱりそうなのかしら?と
愚痴をきいてくれたのが風見くんでした。

お互いに色々ありますが、何だかんだ親睦を深めているこの二人。
年齢差はともかく、自分の価値観を語り合える人がいるって羨ましいですよね。

 

風見の転職で更に急接近する二人

津崎・風見の所属する部署が外部委託で
縮小する話はどこかで触れましたが、若い風見は直ぐに転職先を決めていました。

でもそこは何と!百合ちゃんが勤める会社も入っているオフィスビル!
そりゃ、偶然会う回数も増えるよね~。

だから百合ちゃんがお見合い相手に断られた時も
オフィスビルで風見を発見して飲みに誘ったのです。

何かあったんだな~と察する能力は風見くんにありますね。
津崎とミクリの関係もいち早く気づいたのも彼ですから。

 

百合ちゃんのプレゼントに大きく心動いた風見くん

百合ちゃんの部屋でクリスマスパーティーをした時、
メインはもちろん津崎とミクリなんだけど、
風見が部屋にマフラーを忘れて取りに帰った時、
百合ちゃんが星形のチョコレートを彼に渡したんです。

「転職するんでしょ?夜空に煌く星が行き先を照らしてくれますように」(引用:原作漫画より)

こんなこと言われたら彼女を抱きしめたい!と思いますよね~。
このシーン、ちょっとキュンと来ましたよ。

 

キターー!!風見くんの壁ドン!

話が前後しますが大事な部分なのでご了承を

お見合い相手に断られた挙句、
先方が若い女性と結婚して落ち込んだ百合ちゃんの話はしましたね。

そんな時にそばに居てくれたのが風見くんです。
こういう時に気軽に誘える飲み友達が居るのっていいね。

でも百合ちゃん的に同じビルに風見が入ってきた時は
恥ずかしいところを見られてしまうから嫌だったそうです。

それってやっぱり男性として意識してるってことですよね。
そんな二人で飲んだ帰り道、彼女は寂しいこと言っちゃうんです。

一生独身でも独りが怖いって言う人が安心出来る存在になれたら・・・by百合

百合さん~ん、そんなこと言わないでよ~!!

ホンネなのかどうか分かりませんが
このまま独身で来ちゃったから開き直って言っちゃった感があるのは確か。

でも風見くんがしっかりと
「そんなこと言ったらダメだよ!」
って止めてくれたから思わず泣いてしまったんだよね。

なかなか止まらない百合ちゃんの涙。
行き交う人がいる中で、風見くんは他の人が見えないように両手で壁ドンして彼女を隠すようにしていました。

ここで7巻が終わっちゃったんですよ!
凄く気になりません?

ということでで連載中の「kiss」を過去分も読み漁って来る予定なので、また別ページでご紹介しますね♪
早速読みましたよ~!続きは35話からで~す↓

今回はとりあえず7巻までの紹介でした。
7巻以降のお話は下記リンク先で書いています。

関連記事

登場人物紹介&相関図

35話36話のあらすじ(風見くんが告白!)

37話38話のあらすじ(風見くんが振られる?)

第39話のあらすじ(百合ちゃんが後悔するの巻)

 

色んな気持ちが駆け巡る「逃げるは恥だが役に立つ」の感想

これほどまでに意見がまっぷたつに別れる漫画も珍しい。

不況の時代に就職できなかった彼女に同情しつつも家事代行サービスからいきなり住み込みで働きたいとか、偽装結婚したいとか突飛な話からスタートしますから「これはそういう漫画なんだな(笑)」と思って読んでいました。

でも彼女いない歴=年齢の独身男性との恋愛模様はとにかく面白くて、草食男子ならぬ消極男子の居城をどうやって崩していくか?というミクリの心理戦が見どころ。

自称・独身のプロと言うだけあって津崎くんの心の扉はなかなかオープンにはなりません。ただ、お互いに意識してるんだなと思える描写が多いので、素直に彼らを応援する読者も多いはずです。

しかし、彼女は結婚したら家事の対価が支払われなくなるので二の足を踏んでいて、そこら辺の意見が大きく別れる部分なんですよね。私は夫婦間の金銭のやり取りって意味が無いと思うし(もちろんお小遣いをもらうのはいいこと)お金を稼ぎたいなら外で働くべきかなと思いますが・・・。(元々は外で働いていたことになるけどね。)

そうなると共働きになるので家事は分担制になり、夫もやらなきゃいけないけど津崎くんは家事代行サービスを利用していたくらい家事が苦手。でもミクリと1ヶ月離れて暮らした時に彼は家事をする努力をしていた。前に進もうとする姿勢はあるので、カレと家事の分担をして前向きの夫婦生活を営むことはできると思う。

Sponsored Link

彼女は「対価のある仕事がしたい」とホンネを漏らしていたので、やっぱり職種を問わず雇用形態を問わず働き口を探すべきかなと思います。

まあこんな感じで仕事がテーマなのか、そもそも彼女の考え方に問題があるのか分かりませんが、彼女の親友で八百屋を経営している「やっさん」を登場させていることから主人公の考え方を多少なりとも読者にアピールしている部分があり、「この漫画は単純な恋愛ドラマじゃないんだよ」というのが見え隠れしてきます。

下町にあるような八百屋さんですが、無駄のない経営をするにはどうしたら良いのか彼女なりにいろんな工夫を思いつくのですが、実はどこかで働くのではなくて、彼女の場合は起業しても良いのでは?という考えも浮かんできます。

だから7巻あたりは特に面白いかもしれませんよ。
さて、続きが気になってしかたがないので(笑)5月号の「kiss」から探して読んて行きたいと思います♪

ドラマ情報

ヒロインの森山みくり役にガッキーが決まったのは随分前ですが、相手役男性で津崎平匡役を演じるキャストが決まりましたね。

最近、歌にバラエティーに役者に活躍の場を広げている星野源さん。ラブコメ初挑戦ということらしいですが、モテナイ独身を可愛らしく演じるのがちょっと楽しみな感じです。ちなみに主題歌も彼が担当するらしく「恋」というタイトルでポップなテイストになるのかな?こちらも楽しみですね。

9月に入ってキャストが続々と発表されましたね。
百合ちゃんって誰が演じるんだろうと思ったら石田ゆり子さん。年齢を感じさせない可愛らしさがあるので、もう少し大人っぽい女優さんでも良かったかな?

そして相手役のイケメン風見を演じるのは韓国で活躍している大谷亮平さん。この二人は年齢のギャップを感じさせないといけないのでもう少し若い人を選ぶべきじゃないかな?(笑)百合ちゃんはあまりにも年下過ぎて一歩踏み込めないわけだから。ドラマなのでストーリーは変わってくると思いますが「せいせいするほど愛してる」みたいな変わり方だけはやめて欲しい(笑)

ページ:
1 2 3

4

Sponsored Link


旅行日記

旅に行った時の思い出の写真と体験談を紹介。
あまり綺麗に撮れてないですがよかったら見てください(^_^;)


古都鎌倉のあじさいと食べ歩き
噂のパンケーキを食べたハワイ日記
大混雑!新東名「岡崎サービスエリア」に行ってみた・フードコード徹底紹介
【2016】アナとエルサのフローズンファンタジーパレード観てきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PR